「焦ってるな」とバレてしまうクリスマス1カ月前の行動9パターン


クリスマスまであと1カ月。この段階になっても彼女がいないと、焦る気持ちが出ても当然でしょう。しかし、焦りが見え見えだと「彼女がほしいだけなんじゃないの?」と誠意を疑われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『焦ってるな』とバレてしまうクリスマス1カ月前の行動」をご紹介します。

  • 【1】誰彼かまわず「クリスマス何してる?」と聞いて歩く

    「空いてれば誰でもいいの?」(20代女性)というように、何の脈絡もなくクリスマスの予定を聞きまわると、「誰でもいいヤツ」というレッテルを貼られてしまうようです。意中の人だけにするか、ほかの人がいない場所で聞くか、少し他人の目を気にしたほうがいいでしょう。

  • 【2】久しぶりの連絡で「合コンしない?」と持ちかける

    「久々の連絡がそれ!?ありえない」(20代女性)というように、だしぬけに合コンを打診すると、女性をげんなりさせてしまうようです。この時期になって急にデートや飲みに誘うのも、「下心見え見え」と思われる典型的な行動でしょう。

  • 【3】パーマをかけるなど突然イメチェンをする

    「クリスマス意識しすぎでしょ(苦笑)」(10代女性)というように、この時期に髪形や服装をガラリと変えるのは、あまり得策とは言えないようです。自分の魅力を底上げしたいなら、好きな女性とデートするようになってからにしてはいかがでしょうか。

  • 【4】facebookで「今年も一人か…」とつぶやく

    「イタすぎる!そんな男と付き合いたくないよ」(20代女性)というように、まわりに気を使わせるような発言をすると「構ってちゃんだな」と呆れられてしまうようです。「彼女作るぞー!!」などと熱く宣言するのも、イタいのでやめたほうがいいでしょう。

  • 【5】連日飲み会をハシゴしまくる

    「がっつきすぎ。ちゃんと恋愛する気はなさそう」(20代女性)というように、出会いを求めて飲み会に行きまくっていると、真面目な恋愛はできないと判断されてしまうようです。せめて「仕事関係」「大学時代の友達」「趣味の友達」など、メンバーを変えて「ハシゴ」がバレないよう工夫しましょう。

  • 【6】彼女がいる男友達に「いいよな」と絡む

    「こういうタイプは一番イヤ」(20代女性)というように、幸せそうな男友達を妬むような言動があると、人として軽蔑されてしまうかもしれません。「お前みたいにかわいい彼女を見つけたいよ」程度の言動なら、周囲の女子にも笑って見逃してもらえそうです。

  • 【7】女性陣への差し入れで好感度アップを狙う

    「こうも下心がわかりやすいと素直に喜べない」(20代女性)というように、女性への気配りも、あまりに露骨だと逆効果になることがあるようです。ただし、普段からよくお土産を買っていたりするマメなタイプであれば、おかしな邪推もされずにすむでしょう。

  • 【8】「クリスマスに高級レストランの予約が取れた」とアピールする

    「レストランをエサにするとか、最後の手段でしょ(苦笑)」(20代女性)というように、女性をモノで釣ろうとしても「相当焦ってるな」と思われるだけの結果になるかもしれません。ステキなデートプランは、彼女ができてから語ったほうが賢明でしょう。

  • 【9】逆にクリスマスに仕事を入れようとする

    「うわー、諦めちゃったよって感じ」(20代女性)というように、「クリスマスに予定がない」状況だけを避けるため、自暴自棄な行動をとると、それこそが焦りを確信される根拠となってしまうようです。必要もないのにバイトのシフトを入れたりするのではなく、最後まで恋愛というフィールドで戦いましょう。

1カ月という短い期間にできることは限られていますが、できればまわりから嘲笑されない方法で恋人探しをしたいもの。恋活の際には、ぜひ参考にしてください。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock