女子がかまってほしいときに送るLINEメッセージ9パターン


女子から届くなにげないLINEメッセージの中には、「さびしい!相手して!」という緊急警報が含まれている場合があります。アラームを察知せずに既読スルーしてしまうと、芽生えかけた恋をふいにする危険があると考えたほうがいいでしょう。そこで今回は10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートをもとに「女子がかまってほしいときに送るLINEメッセージ9パターン」を紹介します。

  • 【1】「何してるー?」と相手の近況を聞く

    「別に実況中継を望んでるわけじゃなくて、LINEで普通にからんでほしい」(10代女性)というように、相手の様子をうかがう言い回しで、反応を期待しているパターンです。「暇ならいまから遊ぼう」などとお誘いに発展する可能性もあるので、素早くレスポンスしたいところです。

  • 【2】「壁から様子をうかがう人」や「しょんぼり顔」のスタンプを送る

    「言葉ではっきり『かまって』というのは恥ずかしいので」(10代女性)というように、意味深なスタンプを送りつけて、真意をそれとなく伝えるパターンです。まずは相手のムードにあわせ、同じようなスタンプを送り返すとよいでしょう。

  • 【3】自分がいま一人で過ごしているとわかる写真を送る

    「『コーヒーブレイクなう』とか言いながら、手持ちぶさただと匂わせる」(20代女性)というように、一人の時間を持て余す様子をほのめかすパターンです。「なに?暇なの?」とわざと挑発してみても面白いかもしれません。

  • 【4】「ねえ、暇?」「かまってー」と単刀直入に伝える

    「向こうも同じように考えてたら相性もあってそうなので、とりあえず送る」(10代女性)というように、ストレートにからんでほしいとお願いするパターンです。「暇じゃないけどかまうよ」ともったいぶってじらすと、甘い雰囲気に持ち込めるかもしれません。

  • 【5】夜中に「おやすみ」とだけつぶやく

    「その日一度もLINEでからんでないと、さびしいから送っちゃう」(20代女性)というように、一日の終わりに気になる男性にメッセージを送っているパターンです。文字通り「寝る」と受け取らず「今日は何してたの?」と会話を展開するとよいでしょう。

  • 【6】テレビやネットの他愛もない話題を振る

    「話のきっかけがほしいだけで、中身はどうでもいい」(10代女性)というように、日常会話を入り口に、少しでも長くやりとりを続けたいと考えているパターンです。「それがどうしたの?」などと無粋なことを言わず、上手に調子をあわせてあげましょう。

  • 【7】相手の名前だけをコールする

    「名前を読んだら何秒でレスがくるか試してる(笑)」(20代女性)というように、暇つぶしに相手の反応を観察しているパターンです。すぐに対応すれば喜ばれることは確かなので、スタンプだけでも早めに返すに越したことはないでしょう。

  • 【8】「うわああああああああ」と奇声をあげる

    「『なになに?』と心配してほしいための釣り針」(20代女性)というように、素っ頓狂なメッセージで男性の気を引くパターンです。『さいあく!』『マヂで!』といった謎のつぶやきも同様の意図によるものかもしれないので、しっかり食いついてあげましょう。

  • 【9】「眠れない」と悶々としている様子を実況する

    「女は眠れない夜にどこまでからんでくれたかで相手の愛情をはかるもの」(20代女性)というように、寝付けない夜にあなたの存在を思い出したパターンです。連日連夜だと体がもちませんが、たまになら徹夜上等で臨むと株は爆上がりするでしょう。

肝心なのは、誰でもよいからかまってほしいのか、あなたにかまってほしいのかという、女子側の真意です。そこを見誤ると無駄な努力になってしまう場合もあるのでご注意ください。(熊山准)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock