「仕事関係の顔見知り」とのわずかな縁を恋に繋げる方法9パターン


取引先の社員や出入りする店舗のスタッフなど、仕事を通じて女性と「顔見知り」になる機会は案外多いもの。そんな小さな接点を恋愛に発展させる方法はあるのでしょうか? そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『仕事関係の顔見知り』とのわずかな縁を恋に繋げる方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分から名刺交換を申し出て、名前を覚えてもらう

    「名前を知るところがスタート地点かな」(20代女性)など、社会人の基本である名刺交換は、「顔見知り以上の関係」になる第一歩のようです。自分から名刺を渡しながら、「○○って呼んで下さい!」と印象に残る一言を添えたいところです。

  • 【2】顔を合わせるたびに爽やかに挨拶して、ちょっとした世間話を重ねる

    「会うたびにしゃべってると、プライベートな話題に発展しやすい」(20代女性)など、チャンスを逃さず些細な会話を積み重ねることで、徐々に距離を近づける方法です。ごく一般的な天気の話題から出身地トークに繋げるなど、自然にテーマを広げましょう。

  • 【3】洋服や髪型の変化をチェックして、すかさず褒める

    「私を女として見てるんだ、とハッとする」(20代女性)など、女性のファッションの変化に目ざとい男性は、「異性」として認識されやすいようです。妙な唐突感を与えないように、さりげない世間話のなかに織り込んでいくとよいでしょう。

  • 【4】「挨拶が素敵ですね」「字がキレイですね」など、仕事ぶりを褒める

    「よく見てくれてるなーって嬉しくなる」(20代女性)など、仕事ぶりを上手に褒めると、相手の心に一歩踏み込めるようです。サインを書いてもらうなら字を褒める、受付で会うなら挨拶を褒めるというように、仕事上の立場からではなく「個人的感想」として述べると、真心が伝わリそうです。

  • 【5】必要以上にアイコンタクトを取り、特別な感情をアピールする

    「ジッと見られると意識しちゃう」(20代女性)というように、相手にわざわざ声を掛けなくても、必要以上に「見つめる」だけで特別な想いは伝わるようです。ただし、それだけでは不審に思われるのがオチなので、間を置かずに正々堂々と話しかけましょう。

  • 【6】お昼時に合わせて挨拶しに行き、気楽な感じでランチに誘う

    「タイミングがいいとスマートに感じる」(20代女性)というように、ランチタイムに合わせて会話の機会を持てば、「ご一緒にお昼でもどうですか」とさりげなく誘えそうです。事前に「今度お昼に誘っていいですか?」と打診しておくと、相手も心の準備ができるでしょう。

  • 【7】以前した会話の内容を覚えておき、「前言ってた話ですけど」と発展させる

    「『英語がお得意なんですよね?』とか、覚えていてくれるのってすごく嬉しい」(20代女性)というように、以前の会話から女性に関する話題を持ち出すと、強く気に留めてもらえるようです。たとえばオフィス近くのカフェなどの話をしたなら、後日「行きましたよー!」と切り出すことで、親近感が増しそうです。

  • 【8】自分のプライベートな連絡先を書いた紙をさりげなく手渡す

    「こっそりな感じに超ドキドキする」(20代女性)というように、意を決して一気に関係を進展させるなら、「手紙」は有効なようです。滅多に会うチャンスがない相手なら、多少強引でもハッキリ誘う以外に方法はないと覚悟を決めましょう。

  • 【9】周囲に聞かれない配慮をしつつ「今度ご飯でもいかがですか?」と直球で誘う

    「ストレートに言われないと意識できない」(20代女性)というように、直球でデートに誘わない限り、職場では「顔見知り」以上にはなれないタイプの女性も多そうです。余計なトラブルを避けるために、周りの人にはバレない誘い方を心がけましょう。

職場におけるわずかな縁でも、恋愛に発展する可能性はゼロではないようです。相手の立場に配慮しながら、スマートにお近づきになりたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から2日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock