初エッチのときに女性がドン引きした一言9パターン


ある女性と初めて体の関係を持つときに好感度を急激に下げてしまい、エッチどころじゃなくなった経験のある男性も少なくないようです。些細な言動のせいで女性に幻滅されないためにも、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「初エッチのときに女性がドン引きした一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ドヤ顔に腹が立つ「僕ってテクニシャンでしょ?」

    「下手なのに自信満々な態度にイラッ」(20代女性)と、男性の勘違い発言に気持ちが冷める女性がいるようです。女の子によって感じるポイントは千差万別なのでうぬぼれは捨て、初エッチの際は「こうすると気持ちいい?」と優しく問いかけながら探っていくといいかもしれません。

  • 【2】コンプレックスを指摘してくる「意外とぽっちゃりしてるね」

    「女子が気にしていることをいちいち言うな」(20代女性)など、体型などについてネガティブな発言をすると、女性は嫌な気持ちになるようです。彼女のいいところを見つけて褒めてあげたほうが、さらに愛情が深まる初エッチになるのではないでしょうか。

  • 【3】冷たく言い放つ「声出してくれないと盛り上がらない」

    「無理して声を出すのはだるい!」(30代女性)と、エッチを盛り上げたいがために、女性に演技してもらうよう求めるのは避けたほうがいいようです。恥ずかしそうにして声を出さない彼女に対しては「モジモジする○○もかわいいよ」などと囁けば、お互いに気持ちのいいエッチとなりそうです。

  • 【4】不潔と言われている気がする「もう一回シャワー浴びてきて」

    「何が不満だったのか気になってエッチどころじゃなくなる」(30代女性)というように、理由も告げずに体を洗うようお願いするのはやめたほうがいいようです。どうしても女性にシャワーを浴びてほしいときは「一緒にお風呂入って、一回まったりしようか」などと提案したほうがいいかもしれません。

  • 【5】すっぴんを見せたら「化粧してないと別人みたい」

    「顔を見せたくなくなる」(20代女性)など、勇気を出して素顔を見せてくれた女性に対して心無い一言を言うと引かれてしまうようです。「すっぴんもいいね」などとメイクをしていない姿も評価してあげれば、ムードを壊さずにエッチをすることができるでしょう。

  • 【6】気付かないふりをしてほしい「ムダ毛処理が甘いんじゃない?」

    「たまたま処理を忘れた日だってあるんだしさ…」(20代女性)など、身体のケアについてわざわざ口を出す男性は幻滅されるようです。気心知れた間柄であっても、「女の子ってムダ毛の処理大変そうだね」などと少し遠まわしに言ったほうが、彼女を傷つけずに済むかもしれません。

  • 【7】大切に扱われている気がしない「ゴム付けなくていいよね?」

    「結婚直前とかならともかく、初エッチで避妊しないとか考えられない!」(20代女性)など、快感だけを求めて相手のことを大事にしない発言に女性はうんざりするようです。一生を共にする覚悟がない限り、エッチの際は必ずコンドームを付けるのがマナーでしょう。

  • 【8】初エッチで判断してほしくない「僕たちあんまり相性よくないかも」

    「多少は緊張してるんだから最初で判断してほしくない」(20代女性)と、初めてのエッチで合うか合わないかをいきなり決めつけてしまうと、女性はゲンナリするようです。相性の悪さを口に出さずに、「これからお互いが気持ちいいプレイを知っていこう」とポジティブに考えたほうがいいかもしれません。

  • 【9】上から目線で「もうちょっと上手にやってよ」

    「ほんと『何様?』って感じ」(20代女性)など、命令口調で要求する男性はウザがられるようです。エッチはコミュニケーションの一つでもあるので、気持ちよさだけにとらわれず、「痛くない?」などと彼女を気遣う気持ちを忘れないようにしたほうがいいでしょう。

初エッチの際、失礼なことを言われたり自己中心的な行動を取られると、女性の盛り上がった感情は一気に急降下してしまうようです。常に彼女をいたわる気持ちを持つようにしたほうが、今後もお互いに心も体も気持ちのいいエッチをすることができるかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock