イケメンなのになぜかモテない男性の特徴9パターン


不思議なもので、「イケメン」と言われているのになぜかモテない人もいます。彼らがモテない理由がわかれば、女性が男性の顔以外のどんな点を厳しく見ているかわかるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに「イケメンなのになぜかモテない男性の特徴」を教えてもらいました。

  • 【1】女性も思わず引くくらい、よくしゃべる。

    「機関銃のようにしゃべる」(20代女性)のように、人の話に耳をかさずに話し続ける男性は、イケメンでも敬遠されてしまうようです。おしゃべりを控えて、聞き役に徹した方が、女性に心を開いてもらえるのかもしれません。

  • 【2】服のセンスがどこかズレている。

    「ダサすぎてガッカリした」(10代女性)のように、顔はカッコいいのにファッションセンスゼロというギャップにガッカリするようです。服装に自信がない場合には、信用できる女友達やショップのスタッフから本音でアドバイスをもらってみるといいかもしれません。

  • 【3】食事をするとき、くちゃくちゃと音を立てる。

    「どんなイケメンでもイラッとする」(20代女性)のように、食事中にくちゃくちゃと音を立てる男性は、イケメンでも嫌がられるようです。食べ物を噛むとき口を閉じるようにするなど、周りから見て気持ちのいい食べ方をしましょう。

  • 【4】どこか中性的で、性欲がないように見える。

    「なんかセクシーさが足りない」(20代女性)のように、男らしさがないイケメンも恋愛対象として見られにくいようです。ヒゲを伸ばす、筋肉をつけるなど、性的なアピールを強める努力をすれば、女性から「男らしい」と意識されるようになるかもしれません。

  • 【5】少女漫画とスイーツが好きなど、女性と趣味や考え方が似ている。

    「共感できることが多すぎて、女友達みたいになってしまう」(20代女性)のように、趣味や考え方が女性と似ているために、意気投合して友達止まりになってしまうこともあるようです。イケメンなのに女性っぽい内面だとがっかりしてしまう女性も少なくないので、少女漫画やスイーツ好きなどの趣味は隠した方がいいのかもしれません。

  • 【6】すぐに女性の顔色をうかがうなど、相手に気を使いすぎる。

    「親切なのはいいけど、仲良くなりにくい」(10代女性)のように、相手を気遣いすぎる点に物足りなさを感じる女性もいるようです。ときには強引に手をつなぐなど、自分勝手に振る舞うことで、女性を「ドキッ!」とさせることができるかもしれません。

  • 【7】話をしていても噛み合わず、全然盛り上がらない。

    「話があっちこっちへ飛んで成立しない(笑)」(20代女性)のように、一般常識がなく、苦手な話題を避けるために違う話をしたりするイケメンも魅力的ではないようです。ニュースや雑誌を見たり、女性の関心事を調べたりすれば、会話を盛り上げることができるようになるでしょう。

  • 【8】鏡やガラスに映る自分をいちいちチェックするなど、ナルシストすぎる。

    「ちょっと自信過剰でしょう」(10代女性)のように、二人でいるとき鏡やガラスで自分の姿をチェックしている様子をみて、引いてしまう女性もいるようです。女性と一緒にいるときには、自分のことよりも相手に興味を持って会話した方が、好印象となるでしょう。

  • 【9】女性に対して常に受け身で、自分からアプローチをしない。

    「受け身でモテるのは難しい。アイドルじゃないんだから」(20代女性)のように、女性に対していつも受け身な点がモテない理由だという女性もいます。モテたいと思うなら、自分からデートに誘うなど、積極的な姿勢を示すと意欲が伝わるでしょう。

他にはどんな「イケメンなのになぜかモテない男性の特徴」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock