受験勉強中の彼女を励ます応援メッセージ9パターン


愛する彼女が寝る間も惜しんで勉強する受験生だったら、「がんばれ」以外に、どんな言葉をかけると喜ばれるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「受験勉強中の彼女を励ます応援メッセージ」をご紹介します。

  • 【1】「お前のこと見てたら、俺もがんばらなきゃって思うわ!」と意気込みを伝える

    「自分の姿勢が彼氏に影響を与えたと思うと、やる気がでる」(10代女性)というように、彼女のおかげで発奮したことをアピールして、お互いに気持ちを高め合う作戦です。「お前を真似して朝4時から勉強するようになったよ」などと具体的なエピソードを示すと、説得力が増すでしょう。

  • 【2】「努力は裏切らない。神様は絶対に見てるから」と勇気づける

    「大好きな彼氏が確信させてくれたから、乗り越えられたんだと思う」(10代女性)というように、見えない未来を100%肯定することで、くじけそうな心を支える技です。彼女が「もう無理…!」と音を上げそうになったら、すかさずフォローしてあげましょう。

  • 【3】「俺にできることは何でもするから」と自分の体を張ろうとする

    「『愚痴でも何でも聞くから頼れよ』って言われて、泣いた」(20代女性)というように、つらいときに全身全霊で受けとめてくれる存在は、彼女にとって救いになるようです。合格祈願に誘うなど、行動に移すのもよいでしょう。

  • 【4】「無理しすぎちゃだめだよ」と心配する

    「『がんばれ』って言われるより、胸に刺さる」(20代女性)というように、努力家の彼女には、安易な励ましよりもいたわりの言葉が響くのかもしれません。二人きりで会えるタイミングがあるなら、優しく頭をなでながら言ってあげると、気力を充電してあげられるでしょう。

  • 【5】「同じ学校に行くために、一緒に乗り越えような」と愛情をにじませる

    「彼氏もがんばってると思うと、自分もがんばれる」(10代女性)というように、一緒に目標に向かう人がいると、勉強に精が出るという女性もいます。自分も同じ学校を目指す受験生でないと使えないセリフですが、苦労と成功を分かち合えば、固い絆が生まれそうです。

  • 【6】「合格したら、ご褒美あげるから考えとけよ」とプレゼントを約束する

    「ゴールが一層明確になって、テンションが上がった」(10代女性)というように、「合格」に楽しみを加えることで、彼女のやる気を引き出す手もあります。ひと息ついたときの話題として、気分転換を促すこともできそうです。

  • 【7】「お前なら絶対にできるから自信持て。俺は信じてる…!」と勇気づける

    「自信を失いかけたときだったから、目が覚めた気分だった」(10代女性)というように、熱血教官ばりに熱く背中を押されたことで、窮地を救われた人もいます。「根拠のない自信」にならないよう、「数学の偏差値をあと3上げれば合格圏内」などと論理的に説明しましょう。

  • 【8】「カツでも食べて受験も勝ちなよ」とギャグをかます

    「根を詰めちゃうタイプだから、笑わせてくれてよかった(笑)」(20代女性)というように、真面目に励ますばかりでなく、笑いを織り交ぜるのもアリでしょう。実際にお店でカツをご馳走してあげると、げんかつぎにもなりそうです。

  • 【9】「来年の今ごろ、志望校に通ってるお前の姿が浮かぶよ」と成功をイメージさせる

    「誰かが未来を確信してくれることほど、励まされることはないです」(10代女性)というように、合格後の姿を想像させることで、彼女の士気を高める方法です。「法学部に入って、国際弁護士を目指したいんだよね」などとその先の道のりを確認してあげれば、今勉強する意義を改めて感じてもらえるでしょう。

「がんばれ」というありきたりなセリフを使わなくても、さまざまな言葉で彼女を励ますことができそうです。彼女の今の精神状態にぴったりのメッセージを贈ってあげてはいかがでしょうか。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock