「もしかして手抜きしてる?」と見抜かれてしまうLINE9パターン


女の子と仲良くなるために、嫌々ながらLINEのやりとりに付き合っても、面倒くさそうな態度は、相手にバレているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『もしかして手抜きしてる?』と見抜かれてしまうLINE9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「だよねー」「へー」など、あまりに投げやりな即レス

    「ちょっと返事の内容を考えてから送れば?って思う」(10代女性)というように、既読スルーを防ぐあまり、適当すぎる返信でムッとされてしまうパターンです。せめて相手が送ってきた話題をくり返すなどして「聞いてる」感を演出しましょう。

  • 【2】「なんとかなるよ」「大変だったねー」など、深い話への浅い返し

    「こっちが真剣に悩んでるのに、安易にポジティブな結論へ持っていこうとする」(20代女性)というように、深刻な話にまともにとりあわず、相手の苛立ちを誘うパターンです。論理的な回答も正解ではない可能性があるので、まずじっくり話を聞いてあげましょう。

  • 【3】「スタンプ連打」など、反射神経だけのリアクション

    「面倒くさくなってくるとスタンプを多用する奴が多い」(10代女性)というように、スタンプを立て続けに送りつけて、ひねりがないと思われてしまうパターンです。似たような無料スタンプばかり使うと、「やる気のない印象」を決定づけてしまうでしょう。

  • 【4】昨日会ったばかりなのに「久しぶり!」など、相手を誰かと間違えている呼びかけ

    「どんだけの女とやりとりしてんだよ、と思います」(20代女性)というように、メッセージを誤送信して気まずい空気を招くパターンです。複数の相手と同時進行でメッセージをやりとりするときは注意しましょう。

  • 【5】何日間も既読にすらならない放置プレイ

    「こういう奴は、自己中で気分にムラがあるタイプだと判断します」(20代女性)というように、メッセージを読まずにほったらかしにして怒りを買うパターンです。返事ができない場合は「最近忙しくて」と前置きを入れるくらいの配慮があってもいいでしょう。

  • 【6】深夜や就業時間中など、相手の状況を考えない身勝手な連投

    「しかも即レスを求めるような内容だと、自分勝手だなーと」(20代女性)というように、相手が暇ではなさそうな時間帯にメッセージを送りつけて、無神経だと思われるパターンです。「今仕事中かも」「もう寝てるはず」などと、受け取る側の状況を察する癖をつけましょう。

  • 【7】TwitterやFacebookに投稿した内容とまったく同じコピペメッセージ

    「『○○に行ってきた』と写真付きで送られてきたのがTwitterの投稿と同じ…」(10代女性)というように、個人的なメッセージとSNSの投稿がまったく同じで、呆れられてしまうパターンです。ものすごく失礼だと感じる人もいるので、画像を使いまわすとしても文章は変更したほうがいいでしょう。

  • 【8】「かわいーねー」など、チャラい褒め言葉の大盤振る舞い

    「ちょっと嬉しいけど、何度も言われると嘘くさい」(10代女性)というように、歯の浮くような褒め言葉を連発して、心がこもっていないと見抜かれてしまうパターンです。容姿よりも洋服や持ち物のセンスを讃えたほうが真実味があるかもしれません。

  • 【9】「遊ぼう」「デートしよう」など、性急すぎるお誘いトーク

    「何かにつけてすぐ『会おう』と言ってくる奴はダメ」(20代女性)というように、LINEを早々に切り上げてデートに持ち込みたがり、警戒されるパターンです。まずはじっくり時間をかけて女性の信頼を得る必要があるでしょう。

もともとLINEが得意ではない男性が無理をすると、気持ちが入っていないことがバレやすくなってしまうようです。いっそ「本当は苦手だけど、頑張ってやってます」感をちょこちょこと見せたほうが良いかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock