交際前はあり得ないけど、彼氏になったら嬉しい振る舞い9パターン


恋人未満の女の子には「馴れ馴れしい」「強引すぎ」などとドン引きされる接し方でも、付き合ってからなら「嬉しい」と歓迎されるものがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「交際前はあり得ないけど、彼氏になったら嬉しい振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】身内扱いがくすぐったい「ファーストネームで呼ぶ」

    「付き合う前だと『何様?』って思うけど、付き合ってからならそう呼び合いたい」(10代女性)というように、恋人からはファーストネームで呼ばれたいと願う女の子は多いようです。呼び捨てが好きではない人もいるので、晴れて交際がスタートしたらお互いをどんな風に呼ぶか話し合ってみてはいかがでしょうか。

  • 【2】愛を感じる「髪をやさしく撫でる」

    「普通ありえないけど、相手が彼氏なら嬉しい」(20代女性)というように、付き合う前は馴れ馴れしく感じるスキンシップも、彼氏からなら愛情を感じるようです。「カワイイ」「愛らしい」と思ったときに、彼女の頭を撫でたり、ポンポンしたりすると喜ばれるかもしれません。

  • 【3】恋人気分が倍増!「手をつなぐ」

    「街を行く人に幸せをアピールしている気分です」(20代女性)というように、交際前では大胆すぎる手つなぎも、付き合ってからなら愛を感じる行為となるようです。2人にピッタリの「手のつなぎ方」を一緒に探したりするのも楽しいでしょう。

  • 【4】寂しがるのがカワイイ「なかなか帰らせようとしない」

    「付き合う前なら下心満載で嫌だけどね」(20代女性)というように、大好きな彼氏が相手なら、デート終わりに名残惜しそうにされると喜びが倍増するようです。「もう少し一緒にいて」と彼女の母性本能に訴えてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】雰囲気が明るくなる「絶妙なツッコミ」

    「夫婦漫才じゃないけど、相性バッチリ!」(20代女性)というように、赤の他人からだと「余計なお世話」なツッコミも、恋人同士なら心温まるものに変わるようです。彼女がおとぼけキャラの場合は、様子を見つつイジってみるといいかもしれません。

  • 【6】考えてくれていたのが嬉しい「夜中にLINEを送る」

    「『私のことばっかり考えてるんだろうなあ』ってにやけちゃいます」(10代女性)というように、ラブラブな時期は、夜中のLINEさえ大歓迎される場合があるようです。ただし、睡眠を妨げたことがケンカに発展するおそれがあるので、お付き合いが落ち着いてからは控えましょう。

  • 【7】発見が楽しい「一般向けの自分のキャラを崩壊させる」

    「私にしか見せない姿だと思うと嬉しくなる」(20代女性)というように、仮面の下にある素顔を見せた瞬間、二人の距離が縮まるケースもあります。「寡黙な武術家だけど、実は猫語で話すのが好き」といったギャップがあるほど萌えさせるかもしれません。

  • 【8】ドキドキする「街角で人目を盗んでキスをする」

    「びっくりしたけど、スリルがあってよかったです」(10代女性)というように、交際前はあり得ない路上キスも、恋人になってからなら話は別だと言えそうです。ただし、ドキドキより落ち着きを求めている彼女に連発すると、「ガキっぽい」と呆れられるおそれもあるでしょう。

  • 【9】特別な存在だと実感する「弱い部分を見せる」

    「いつも強気な彼の涙を見て、キュン…とした」(20代女性)というように、心を許した相手にしか見せない自分を出すと、精神的な結びつきがさらに強まる場合があるようです。ただし、それが二度三度と続くと「ただのヘタレ」になるので、基本的には弱みを見せないほうが無難でしょう。

付き合ってからであれば、大胆な行動も彼女に歓迎されるようです。まずは自分の心を開くところから始めてはいかがでしょうか。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から6月5日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock