男性と行ったカラオケデートでうれしかった演出9パターン


ほとんどの街に存在して、低予算で時間を潰せる「カラオケ店」は、普段のデートに欠かせないスポットでしょう。歌に自信がなくても、女性を退屈させないように盛り上げるには、どんな工夫をするといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「男性と行ったカラオケデートでうれしかった演出9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「俺から歌うよ」と、1曲目に簡単な曲を歌ってハードルを下げる

    「最初に歌ってくれると気が楽になる」(10代女性)など、盛り上げ役のトップバッターを買って出れば女性がリラックスできるようです。誰もが知っているヒット曲をセレクトして、まずはカラオケを「一緒に楽しむ空気」を作りたいところです。

  • 【2】「うまいね!」と、とにかく女性の歌唱力を褒める

    「調子に乗ってどんどん歌いたくなる」(20代女性)など、女性の歌を褒めまくることで「本気モード」のスイッチを入れる作戦です。女性が明らかなオンチだったとしても、「声がかわいい」といった前向きなコメントで安心させてあげましょう。

  • 【3】「お客様、ドリンクはいかがですか?」と、店員並みの接待をする

    「カラオケのような庶民的な場所でも、姫扱いしてもらえるとうれしい」(10代女性)など、細やかな気遣いを見せることで女性を魅了するパターンです。音響や照明を巧みに調整して、スター気分に浸らせてあげましょう。

  • 【4】「君の歌の点数は…95点!」と、採点機の代わりに高得点を出す

    「冗談でも高得点を告げられるとアガる」(20代女性)など、自分が採点マンになってしまえば思い通りに彼女を喜ばせることも可能です。「表情点」「振り付け点」「ナイス選曲点」など、機械には測れない独自の基準を加えて、強引にでも高得点を与えたいところです。

  • 【5】「コーラス入ります!」と、彼女に従いキレイにハモる

    「興味なさそうにされるより、いっしょに歌ってくれたほうが楽しい」(10代女性)など、自分に合わせてハモられると気持ちよくなる女性もいるようです。邪魔になるおそれもあるので、あくまでも脇役として控えめの声量で参加してあげましょう。

  • 【6】「待ってました!」と、曲に合わせてヲタ芸で盛り上げる

    「アイドル気分を味わえるから大歓迎」(20代女性)など、カラオケで女性がアイドルソングを歌ったら、全力のヲタ芸を披露するのがお約束かもしれません。女性がノリノリになったらサビの部分で急接近するなど、どさくさに紛れて心と体の距離を縮めたいところです。

  • 【7】「練習してきたよ」と、女性が好きなアーティストのモノマネをする

    「上手に歌ってくれたら惚れる」(20代女性)など、あえて女性が「思い入れのある曲」に挑戦することでハートをキャッチするパターンです。クオリティが低いとがっかりされてしまうので、十分に練習を積んでおきましょう。

  • 【8】「これが俺の気持ちだから」と、心を込めて告白ソングを歌う

    「下手でも気持ちが入っていたら感動しちゃう」(10代女性)など、自分のためにラブソングを熱唱する姿を見て胸キュンする女性もいるようです。突然の告白でドン引きされないように、なるべく歌詞やメロディが爽やかなナンバーを選びましょう。

  • 【9】「アンコール!」と、彼女に得意な曲を思う存分歌わせる

    「好きな曲は何度も歌って練習したい」(10代女性)など、女性の「歌い足りない」気分を察知して背中を押す作戦です。女性が完全燃焼できるように、残り時間が迫ってきたらマイクを譲り、自分はライブの観客になりきって、最後まで盛り上げてあげたいところです。

女性と2人きりのカラオケでは、気持ちよく歌えるような演出をしてあげることが大切なようです。一流ホストになったつもりで、女性を楽しませてあげましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から5日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock