女医が教える「女の子がイキやすくなる挿入&体位」6つの手順


女の子を気持ちよくさせたいと願っていても、実際は一人よがりなエッチとなっているかもしれません。どのようなエッチを提供すれば、女の子に悦んでもらえるのでしょうか。特に挿入時については、エロ動画を見て真似をするだけで、正しい知識を獲得する機会はなかなかないのではないでしょうか。そんな迷える男子にオススメなのが『女医が教える 本当に気持ちいセックス』(宋美玄|ブックマン社)です。医師である筆者が、医学的な見地から、気持ちいいセックスについて追求した書籍となります。今回は、セックスに関する内容がもりだくさんのこの書籍から挿入時の振る舞いについて焦点を当て、ご紹介したいと思います。

  • 【1】(序盤)最初に挿入するときは、正常位が良い。

    女性があおむけになることで、足腰の力が抜け、ペニスを受け入れやすくなるのが正常位の特徴だそうです。反対に、最初から騎乗位だとペニスが奥まで突き刺さり、痛い思いをさせる恐れがあると筆者は語っています。騎乗位は、女の子が気持よくなってからトライした方がよいそうです。

  • 【2】(序盤)可能な限りゆっくーーーり挿入する。※激しいピストンは不要

    慌てて挿入した場合、小陰唇が膣内に巻き込まれ、女の子が痛がる可能性があると筆者は述べています。また、膣の奥にあるボルチオという器官を刺激すると、激痛が走る女の子もいるそうです。女の子の反応を見ながら、ゆっくり奥に進むことを筆者は推奨しています。

  • 【3】(序盤)挿入したままお互いの身体を密着させる。※激しいピストンは不要

    序盤は、親密なムードを盛り上げることが大事だそうです。激しくピストン運動するよりも、深く挿入したまま、お互いの体を密着させることで、お互いの愛情を確認し合えることができると筆者は述べています。

  • 【4】(中盤)ふたりの呼吸に合わせて、ゆっくりと動かす。

    ふたりの呼吸に合わせて、ゆっくりと動した場合、ワンストロークごとに、女性の膣の形が変わるそうです。この膣の形が変化することで、女性も男性も心地よい快感に浸ることができます。

  • 【5】(中盤)体位を変えるときには、その都度、ベニスを抜く。

    ベニスを挿入したまま腰をひねると、そのタイミングで、小陰唇が膣内に巻き込まれ、女の子に痛みが走ると筆者は語っています。離れたくない気持ちもありますが、女の子の身体と快楽のことを考え、体位を変えるときには、都度、ペニスを抜くようにした方が良いそうです。

  • 【6】(フィニッシュ)フィニッシュのタイミングでは騎乗位や後背位の方が女性はイキやすい。

    男性の場合は、ペニスの入る深さやピストンのスピードをコントロースできる「正常位」でイキやすくなります。一方、女性は騎乗位や後背位の方がGスポットやボルチオなどの敏感な部分を刺激することができるので、イキやすくなるそうです。

エロ動画の影響もあり、激しいピストン運動を行なうことが、「正しいセックス」と勘違いしている男性も多いようです。本書を参考にして、女性が悦ぶセックスを追求してみてはいかがでしょうか。


<関連サイト>
『女医が教える 本当に気持ちいセックス』(宋美玄|ブックマン社)