女友達に「誰かいいコ紹介して!」とお願いするときのNGワード9パターン


親しい女友達にお願いして、「彼氏のいない女性」を紹介してもらいたいと考える男性は少なくありません。ただし、頼み方を間違えると相手を怒らせてしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「女友達に『誰かいいコ紹介して!』とお願いするときのNGワード9パターン」をご紹介します。

  • 【1】言外にキミは恋愛対象じゃないと言っている「誰でもいいから紹介して」

    「その『誰でも』に私は入っていないのか?」(20代女性)というように、お願いする相手を「女性として見ていない」と思われるセリフはNGのようです。いくら相手が友達でも、あくまでも異性であることを忘れてはいけないでしょう。

  • 【2】いかにも外見しか見ていない軽薄さが残念な「かわいければOKだから」

    「そんな男に大事な友達を紹介したくない」(20代女性)というように、女性のルックスだけにこだわった頼み方をすると、「外面しか見ていない男」のレッテルを貼られてしまうようです。外見よりも内面的な好みを強調して伝えたほうが好印象でしょう。

  • 【3】自分を棚に上げて要求ばかり高い「美人で性格よくてスタイルよくて…」

    「ちょっとは現実見ろよ!と思う」(20代女性)というように、やたらと高い要求を並べたてると、高飛車な勘違い男だと敬遠されるようです。相手から見れば「自力で出会いを探せない男」であることを自覚し、もう少し謙虚にお願いしたほうがいいでしょう。

  • 【4】やたら具体的な条件が細かい「20代前半で医療関係の仕事をしてる東京出身の子」

    「そこまでピンポイントなら自分で探しなよ」(20代女性)というように、あまりに限定的な条件を突きつけるのも、相手を困惑させてしまうようです。自分に都合のいい相手を探そうと考えるのではなく、「お互いにとって良い出会い」を願うのがマナーでしょう。

  • 【5】拭い切れないオッサン臭が不愉快な「若い子がいい」

    「そこが最優先というだけで一気に引く」(20代女性)というように、女性の「若さ」にばかりこだわると、冷ややかな目を向けられてしまうようです。そもそもお願いする相手と同世代の女性を紹介される可能性が高いことを考慮すれば、年齢に条件を付けるべきではないでしょう。

  • 【6】本気ではないことを事前に宣言している「遊びたいんだよね」

    「遊ぶのは勝手だけど、周りに迷惑かけないでくれる?」(20代女性)というように、女友達に「遊び相手」を紹介してもらおうとするのは、あまりに配慮に欠けるようです。下手をすれば当人同士の友情を壊すことにもなりかねないので、やめておきましょう。

  • 【7】すでに一度紹介してもらった相手に再び頼んで「この間の子はないわ」

    「私の友達に失礼すぎる」(20代女性)というように、以前誰かを紹介してもらった女性に対して「チェンジ」を要求するのも、怒りを買ってしまうようです。仮に紹介された女性が好みではなかったとしても、失礼な態度だけは取ってはいけないでしょう。

  • 【8】周囲の女性を軽視する態度が許せない「俺の周りロクな子いないんだよ」

    「そんな無神経男に紹介する友達はいない」(20代女性)というように、身近な女性たちへの不満を漏らしながらお願いするのも地雷を踏むようです。相手も同じ女性であることを忘れず、「身近にいい出会いがなくて」などと穏やかな頼み方にしておくのが無難でしょう。

  • 【9】具体的に写真を見せてもらっておいて「好みじゃない」

    「あんたの好みなんて知らん!」(20代女性)というように、提示された女性に全面的なNGを突きつけるのもマズそうです。見た目に難色を示すときは、「背が高い人のほうが好きなんだ」など、否定的になりすぎない言い方を工夫しましょう。

いくら気安い間柄だとしても、異性の友達に恋愛関係のお願いをするのは難しいもの。図々しいと思われないように、謙虚な頼み方を心がけましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock