今だからこそ話せる「別れた元カノに伝えたいこと」7パターン


別れる時は感情的な言葉をぶつけることもあれば、悲しみが先行してなかなかきちんと気持ちを伝えられなかったり。あの時はちゃんと言ってあげられなかったことを今伝えるとしたら、どのようなことなのでしょうか。今回は10代から30代のスゴレン男性読者に聞いた「今だからこそ話せる『別れた元カノに伝えたいこと』」を紹介します。

  • 【1】本当は好きだったけど別れてしまった過去「俺が未熟でした。幸せにできなくてごめんね」

    家族を持つことに不安があったり、彼女より夢を優先したり。そんな考え方も変化し、「あのときあなたと付き合って本当に良かった」と伝えたい一心での一言です。

  • 【2】浮気や二股で自分勝手に傷つけたことに対して「裏切るようなことしてごめんなさい」

    どんなに彼女に辛い思いをさせてしまたか、また彼女がステキだったことにいまさら気づき、後悔が押し寄せてくることも。せめて謝りたいという一心での言葉です。

  • 【3】一生彼女なんてできないとおもっていたので、「好きになってくれてありがとう。」

    別れ際はまともに感謝できなかったけれど、今の自分がいるのは彼女のおかげであることに気付いたときの一言です。

  • 【4】どうして別れたのか納得がいかない「どこが嫌いだったのか教えてくれ」

    一方的に別れを告げられたときにはモヤモヤがいつまでも残っているもの。次に生かすためにも別れの原因を知りたいものです。

  • 【5】金に貪欲だった彼女に対して伝えたい「お金よりも大切なものはたくさんあるよ」

    付き合っていたころ、「お金の金額=自分への愛」だと思ってそうだった、自分をATM扱いした彼女の今後を心配しての一言です。

  • 【6】同じコミュニティーにいるからこそ「俺がダメだったのはわかるけれど、変な噂をながさないで!」

    別れた相手のことを悪く言うことは、その人と付き合っていた自分を否定しているのと同じこと。はやく大人になって気付いてほしいものです。

  • 【7】相手への感謝の気持ち「出会えてよかった。本当にありがとう」

    別れたことはとてもつらいけれど、一緒に過ごした時間はかけがえのないもの。少し自分を成長させてくれた元カノへの感謝の気持ちです。

別れは辛いけれど、それぞれのカップルによって別れた後の関係や別れた後になって気付くことも様々です。自分が後悔せず次に進めるように相手に今まで言えなかった本音を伝えてみてはいかがでしょうか。
Photo:All images by iStock