女性のつれない行動が「好き避け」か「単なる避け」なのかを見極めるコツ9パターン


女性のつれない行動には、好きな男性相手だから距離を置く「好き避け」と、嫌いな相手を敬遠しているだけの「単なる避け」があります。この二つを正確に区別するのは至難の業。そこで恋愛経験豊富な20代、30代の女性読者に「女性のつれない行動が『好き避け』か『単なる避け』なのかを見極めるコツ9パターン」を聞いてみました。

  • 【1】「いやだー」などと女性が拒否するとき、笑顔があるかどうか

    「『いやよいやよも好きのうち』じゃないけど、好き避けの拒否は単なるポーズ。顔は笑っている」(20代女性)など、表情が重要とする意見が多数ありました。真顔で拒否された場合でも嫌われているとは限りませんが、あまりしつこくしない方が安全でしょう。

  • 【2】面と向かって事務的な話をしているとき、目が合うかどうか

    「嫌いな人でも礼儀として目を見て話すけど、好きな人だと恥ずかしくてチラチラ見るのが限界」(20代女性)など、「目を見られないのは好きな証拠」という女性も少なくありません。話の内容にかかわらず、あなたをよく「チラ見」する女性は、好き避けの可能性がありそうです。

  • 【3】数人で話しているとき、自分の話に笑ってくれているかどうか

    「直接話せない分、リアクションは欠かさない」(20代女性)など、好きな男性の発言には好意的に反応する女性が多いようです。単なる避けにこうした「特別扱い」はないので、微妙な冗談で女性の反応を見てはいかがでしょうか。

  • 【4】いつもは冷たくても、男性が困っているときに助け舟を出してくれるかどうか

    「好きな人なら、本当に大変なときくらい役に立ちたい」(30代女性)というように、トラブル時の対応で女性の本音を見抜く手もあります。直接の利害関係がないのに手伝ってくれるなら、あなたに好意を持っているのかもしれません。

  • 【5】周りに「2人の相性が良さそう」などと冷やかされたとき、必死に否定するかどうか

    「どうでもいい相手なら笑って流せるけど…」(20代女性)と、気になる男性だからこそからかいの言葉に動揺し、過剰反応してしまうようです。同じ否定でも、嫌いな相手だと「そんなはずないでしょ」など、一言であしらう傾向があるようです。

  • 【6】女性から連絡がない場合でも、こちらが連絡すると返信があるかどうか

    「好きな相手なら絶対返信する!」(20代女性)との意見が圧倒的でした。一方、嫌いな相手には「業務連絡以外は気付かないフリ」という女性も。好き避けの場合、わざと即レスしないことも多いので、レス速度は遅くとも、個人メールに返信があるなら嫌われてはいなさそうです。

  • 【7】普段は近寄ってこなくても、男性が一人でいるときに話しかけてくるかどうか

    好き避けなら「本当は話をしたいから、誰も見てないときは頑張る」(20代女性)など、周囲の目がないと女性の態度が変わることがあります。その点、単なる避けでは「一貫して話したくない」ものなので、状況ごとに女性の反応を比較してはいかがでしょうか。

  • 【8】飲み会では会話をしないまでも、席が近いかどうか

    「わざわざ嫌いな人の傍に座らない」(20代女性)というように、女性が自分で席を選べるときに毎回あなたの近くにいるなら、好意がある可能性は高そうです。女性が話しかけてこないからと敬遠せず、自分から積極的に話しかけてみましょう。

  • 【9】二人で話しているとき、よく恋愛話が出るかどうか

    「女として意識してほしいから、つい恋愛話をしてしまう」(30代女性)など、それとなく好意を伝えるために恋バナをする女性もいました。嫉妬してほしくて他の男性の話をすることもあるので、違う男性を褒めたから脈ナシだと諦めるのは早計かもしれません。

好き避けは本音と裏腹の行為ですから、読み取りにくいのも当然です。どうしても気になる女性なら、ダメ元でデートに誘ってみましょう。好き避け中の女性は少なからず動揺するため、本音が読みやすいかもしれません。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock