恋人昇格は無理そう…デート後にもらってへこんだLINE9パターン


男性が何気なく送ったLINEの一言に対して、一喜一憂する女性は少なくありません。それがデート後となればなおさらのこと。女性が「私に興味ないんだ」と落胆してしまう場合もあるのです。そこで今回は20代、30代の女性読者に聞いた「デート後にもらうと『彼女昇格は無理だな』とへこむ、男性からのLINE9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「またこっちから連絡するよ」と一方的に締めくくられたLINE

    「私からの連絡はいらないと言われているみたいで悲しい」(20代女性)と、気を使ったつもりの一言も「冷たい」と受け取られてしまう可能性が大。「連絡してね。こっちからもするよ」など連絡し合おうという言い方のほうがよさそうです。

  • 【2】「今度は大勢で遊ぼう」と次は二人きりを避けたがるLINE

    「『彼女としては考えられない』ということだと思う」(20代女性)など、「複数で」と言われれば女性は恋愛対象外通告をされたと思ってしまいます。ガツガツしていると思われたくなくて言いがちですが、「二人きりはナシ」と取られるような表現はNGです。

  • 【3】「今日はお疲れさま」と絵文字やスタンプなしの事務的なLINE

    「文字だけだと感情が分からないし、仕事の延長みたいで嫌」(30代女性)と、文字だけなどの他人行儀な文面は嬉しくないのが女性の本音。以前から地味なLINEだったとしても、デート後はスタンプなどを使うと好感を持たれそうです。

  • 【4】「ずっといい友達でいよう」など「友達」を強調したLINE

    「予防線を張られているとしか思えない」(30代女性)というように、「友達」という響きからは「その先はない」という意味を連想させ、女性の気持ちを冷めさせます。「気が合うね」など「友達」以外の表現をしたほうがいいかもしれません。

  • 【5】「しばらく仕事が立て込んでいる」と急に忙しいアピールをしてくるLINE

    「『もう会いたくないのかな?』と不安になる」(20代女性)など、忙しいのが本当でも、会うことを拒絶されていると思う女性が多いようです。短時間でも会う機会を作ったり、マメに連絡を入れたりして、女性が安心できるようフォローしましょう。

  • 【6】「よく喋るねー」など、欠点を非難しているようなLINE

    「盛り上げようとして喋ったのに…凹む」(20代女性)など、女性の短所についてダメ出しするような言葉は「嫌われたかも」とへこませてしまうようです。文字からは本心が伝わらないことがあります。性格について触れるときは、短所だと思っていないと分かるように伝えましょう。

  • 【7】「いま●●の店で飲んでる」と直帰せずに別の店にいることを告げるLINE

    「『デートがつまらなかったの?』とモヤモヤする」(20代女性)など、デートに満足できなくて飲み直していると女性に思われても仕方のないフレーズです。「興奮が冷めないのでちょっと寄り道(笑)」といった具合に、少しお茶目に報告してみては。

  • 【8】「今日は疲れた…」などマイナスな感想しか書かれていないLINE

    「何か申し訳ない気持ちになる」(30代女性)というように、ネガティブな言葉があると女性は「デートが楽しくなかったんだ」と感じてしまいます。「映画が期待外れだった」などデート内容についての批判も、自分のことまで非難されているような気持ちにさせてしまう場合があるので要注意です。

  • 【9】デートの感想はなしで「もう寝るわ」と素っ気ないLINE

    「私が機嫌を損ねるようなことをしたのかと心配になります」(30代女性)と、あまりにシンプルなLINEはどこか相手を拒絶しているような印象を与えがちです。一言でもいいので「楽しかった」や「また会いたい」などと入れる配慮をお忘れなく。

楽しくデートを終えたからといっても、その後のやり取りでの油断は禁物です。デート直後のLINEは細心の注意を払って、相手を不安にさせる内容になっていないかしっかり確認することをオススメします。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock