「婚約破棄」にもつながりかねない彼女への隠し事9パターン


結婚の約束をするほど彼女を大切に思っていても、隠し事のひとつやふたつはあるでしょう。罪のないものならまだしも、秘密の程度によっては、「婚約破棄」を言い渡されてしまう危険があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『婚約破棄』にもつながりかねない彼女への隠し事」をご紹介します。

  • 【1】フィギュアや模造刀など、尋常でない量のコレクションを自宅に隠し持っている

    「処分しないなら、同居はお断り」(20代女性)というように、お宝の存在が明るみに出ると、「ガラクタを持ち込むな!」と拒絶されてしまう場合があるようです。幸せな新婚生活を始めたいなら、コレクションを縮小するか、新居以外の保管場所を探したほうがいいでしょう。

  • 【2】車やギャンブルなど、お金のかかる趣味がある

    「夫がギャンブル好きなんて、結婚自体が賭けになっちゃう。そんなの不安すぎ!」(10代女性)というように、家計を脅かしそうな趣味を、快く受け入れてくれる女性は少ないかもしれません。やめたくないなら、「家の金には手を付けない」と念書を書くなど、交渉してみてもいいでしょう。

  • 【3】元カノとの思い出の品を後生大事に保管している

    「きれいさっぱり忘れろとは言わないけど、モノまで取っておくのは無神経!」(20代女性)というように、昔の恋の思い出は、胸の内にしまっておいたほうがよさそうです。あらぬ疑いを持たれたくないなら、彼女にバレる前にさっさと処分してしまいましょう。

  • 【4】結婚資金を出すと言っておきながら、貯金がほとんどない

    「『いつの間にか残高が減っていて…』とかだと、先が思いやられる」(20代女性)というように、財布の紐がゆるすぎるのも、彼女を不安がらせてしまうでしょう。お金の管理に自信がないなら、正直に告白して相手に一任したほうが、お互いに安心かもしれません。

  • 【5】彼女に伝えている給与額や雇用形態に偽りがある

    「バイトだと知ったからって嫌いになるわけじゃないけど、意図的に隠していたとなると大問題!」(20代女性)というように、生活の基盤となる「仕事」に関してウソがあると、ややこしい事態を招きそうです。綿密かつ現実的な将来設計を立てて、必死の説得を試みましょう。

  • 【6】この先何年も支払いが続きそうな借金がある

    「マイナスからのスタートは、正直厳しいかな…」(20代女性)というように、いきなり多額の借金を提示されたら、女性が尻込みするのも無理はないでしょう。ただし、「奨学金の返済なら許せる」(10代女性)など、結婚の障害になりにくい場合もありそうです。

  • 【7】離婚歴があったり、前妻との間に子どもがいる

    「婚約後にバツイチ子持ちだと告げるなんて、詐欺師も同然!」(20代女性)というように、離婚経験があるのを黙っていると、その気はなくても騙したことになってしまうようです。包み隠さず打ち明けて、すべて受け入れてもらってから再婚を考え始めるのが筋でしょう。

  • 【8】結婚後は親と同居し、実家を継ぐことになっている

    「急に同居話を出されても無理!彼氏への信頼もガタ落ちする」(20代女性)というように、親兄弟との約束事は、結婚を意識し始めた段階で話しておくのが礼儀でしょう。日頃から実家のことを伝えておけば、彼女の理解も得やすくなるかもしれません。

  • 【9】婚約した彼女のほかに、付き合っている女性がいる

    「二股とかあり得ない!わかった時点で速攻別れます」(10代女性)というように、浮気が発覚した場合、婚約破棄を言い渡されても仕方がないかもしれません。シラを切り通して結婚にこぎ着けても、火種がくすぶり続けるおそれがあるので、潔く身を引くのが賢明でしょう。

婚約前にきちんと伝えておけば、おおごとにならずに済むケースもありそうです。死ぬまで隠し通せる自信がないなら、隠し事はしないほうが賢明かもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock