デート中「尽くしてくれる男性だな」と感激する瞬間9パターン


女性は「尽くされている」と実感できると、じんわりと幸せな気持ちになるものです。では世の女性たちは男性のどのような言動から「尽くされている感」を得ているのでしょうか。今回は20代、30代の女性読者に聞いた「デート中『尽くしてくれる男性だな』と感激する瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】記念日でもないのに素敵なレストランを予約してくれていたとき

    「何でもない日のサプライズは格別に嬉しい」(30代女性)というように、予想していない分感激もひとしおなようです。普段から彼女の好きそうな場所や雰囲気のいい店をチェックして、時々連れていってあげれば交際のマンネリ化も防げそうです。

  • 【2】さりげなく車道側を歩いてくれたとき

    「守られてる感じがしてキュンとする」(20代女性)というように、男性の優しさがストレートに伝わる行為のようです。中には車道側を歩かされると相手を「紳士的じゃない」と感じる女性もいるので、マストで実行するくらいの心づもりでもいいかもしれません。

  • 【3】荷物を率先して持ってくれたとき

    「大物はもちろん小さい荷物まで当たり前のように持ってくれると感動」(30代女性)など、大小問わずサッと荷物を持つ男性の姿に惹かれるようです。重そうでなくても長時間持っていると疲れる荷物もあるので、どんな場合でも「持つよ」と声掛けをしてみるといいでしょう。

  • 【4】外食のとき女性が迷っていたメニューを頼んで半分こしてくれたとき

    「何も言わなくてもシェアしてくれて優しい人だなと思った」(20代女性)など、男性の細やかな心遣いに心打たれる女性は少なくありません。ひとつのものを分け合うと、ほっこりした気持ちも共有できるのでお互いを思う気持ちが増しそうです。

  • 【5】婦人服や雑貨の買い物にも嫌な顔をせずついてきてくれたとき

    「男性と一緒なのに、珍しく服選びで楽しい時間を過ごせた!」(30代女性)と、女性にとって買い物に楽しく付き合ってくれる男性は貴重な存在のようです。ショッピングの付き添いが苦にならないタイプの男性は、女性を「買い物デート」に誘うと株が上がるかもしれません。

  • 【6】疲れていた女性のために、予定を変更して「まったりデート」にしてくれたとき

    「大切に思ってくれていることが分かってジーンとしました」(20代女性)など、相手への思いやりに溢れた行動に感動する女性は多いようです。自分がやりたいことがあっても、女性の体調面を第一に考えて臨機応変にデートの内容を組んでいくとよいでしょう。

  • 【7】ドライブ中に寝てしまったら、起きるまでずっと走り続けていてくれたとき

    「ガツガツとしたところがなく、器の大きい人だなと思った」(30代女性)と、話し相手がほしくて女性を起こすようなことをしない男性には、思いやりを感じるものです。一人で運転するのは退屈かもしれませんが、女性に「一緒にいて心地よい」と感じてもらうことが肝心です。

  • 【8】以前した会話を覚えていて、好みにあった店に連れて行ってくれたとき

    「直接お願いしたわけじゃないのに覚えていてくれて嬉しい!」(20代女性)というように、話をよく聞いている男性は好感を持たれるようです。女性は好きな男性に対し、会話中「●●へ行きたい、●●が欲しい」など願望を話していることが多いので、普段から聞き流さないように注意しましょう。

  • 【9】仕事の愚痴や人間関係の悩みなどを親身になって聞いてくれたとき

    「何時間も話に付き合ってくれて元気が出ました」(30代女性)というように、女性は辛いことがあったとき、愚痴などをひたすら受け止めてくれると「尽くしてくれている」と感じるようです。ただし否定したり上から目線のアドバイスは禁物です。聞き役に徹しましょう。

女性に「尽くされている」という満足感を得てもらうためには、相手の立場に立って求めていることは何なのかを想像することが重要です。まずは女性の些細な言動にも注目することから始めてみてはいかがでしょうか。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock