芸人AMEMIYAさんが伝授! 彼女の誕生日には最初に「ビスコ」をプレゼントせよ!?


彼女の誕生日をサプライズでお祝いしたいと思っていても、何をしていいか分からないと悩む方も多いのでは。そこで、人を驚かす才能に溢れたサプライズのプロともいえる芸人さんに、実際自分がやって大成功したサプライズを教えていただきます。今回は「嫁へのプレゼントは毎年サプライズ」というAMEMIYAさんです!



サプライズパターン その1
「今年は無理!」という前振りをする

powered by
カスタム検索
ウェブ
 
 
 
サプライズでとにかく大事なのは下準備です。第一段階として、何日も前から「今年の誕生日は仕事で」とか「金がなくて」とかっていう「前振り」をしておくんです。でも、「メシだけでも行こう」って、当日レストランに誘うんです。で「おめでとー!」って飯食って、「じゃあそろそろ帰るかー」って財布を出す。と思わせつつ、ポケットから「あれー? これなんだろ?」って言いながら指輪を出す! これが僕のだいたいのパターンですね。


去年の誕生日には奮発してバッグをあげました。バッグはポケットに隠せないんで、先にお店に行って荷物置きのカゴにプレゼントを入れて、着てたジャケットで隠しておいたんです。そのあと奥さんに「外で飯食わない?」って呼び出したら、友達と飲んでたみたいで「行きたくない」ってすげー嫌がられたんですよね(笑)。ここがサプライズの難しいところです。結局、なんとか説得して来てもらったんですけど、すごく険悪ムードのままメシを食うはめに。最後に「じゃあ行くか」ってジャケットを持ち上げて、「あれー?」ってバッグを出したら、プリプリしてたのが、一瞬でご機嫌になってくれました。このパターン、毎年やってるから嫁も薄々分かってると思うんですけど、必ず喜んでくれますよ。 

サプライズパターン2
最初にショボいものをあげる!

プレゼントをするとき、まず最初にしょぼい物をあげるんですよ。例えば、イチゴ味のビスコとか。うちの嫁、なんでもイチゴ味が好きなんで(笑)。後輩芸人の誕生日でも、先週の読み終わった『ジャンプ』をあげたりと、まずは一回ガッカリさせて、それからちゃんとしたプレゼントをあげるんです。このパターンも、鉄板で喜ばれますね。

サプライズが好きなのは昔っからです。高校のとき初めてできた彼女には、クリスマスに幕張の海のそばの公園でバーバリーの手袋をあげました。でも本当のプレゼントは、オリジナルのラブソング。それを入れたウォークマンを渡したんですよ。ギター1本で『ねーハニー』なんて歌ったやつなんですが、彼女、目をうるうるさせて感動してくれました。でも次の日、学校に行ったらクラス中の女子がニヤニヤして俺のこと見てくるんですよねー。「聴いたよー」とか「私も泣いちゃった」とかって言いながら。彼女、嬉しすぎて、クラスの女子みんなにその歌を聴かせてたんですよ…。あれは恥ずかしかったな…。その彼女には別れるまで毎年、クリスマスにはオリジナルソングを贈ってましたね。  

今回のサプライズ伝授芸人
AMEMIYA

PROFILE
1978年11月10日、千葉県生まれ。「冷やし中華始めました」のネタでブレイク。2011年に初出場した『R-1ぐらんぷり』では準優勝を果たす。サプライズ好きが高じて、結婚式に新郎新婦へのオリジナルソングを作成、披露宴で熱唱するという「出張!『捧げる歌』」という営業も始めたそう。
公式サイト

サプライズを成功させるには、まず最初に「ガッカリ」させることがポイントのようです! ガッカリ度が大きければ大きいほど、ふつうにプレゼントを渡すより何倍も喜んでもらえるのかも。ただし、彼女を怒らせて「誕生日の前にケンカ別れ」といった最悪の事態にならないよう注意しましょう。


<関連サイト>
AMEMIYA Official blog