思わず「この女性を守りたい」と思う瞬間あるある7パターン


男性には本能的に「この女性を守りたい」と思う瞬間があるものです。では、どのような女性の態度や仕草に「守りたい本能」を掻き立てられるのでしょうか。今回10代から30代のスゴレン男性読者に聞いた「思わず『この女性を守りたい』と思う瞬間」を紹介します。

  • 【1】デートの別れ際に寂しそうな素振りをするとき

    「そんなに離れたくないのか」と思わず抱きしめたくなります。

  • 【2】泣きながら悩みを打ち明けてくれたとき

    突然の涙に驚きつつも、自分だけに弱いところを見せてくれる彼女に心を打たれます。

  • 【3】細くて弱そうなボディラインを見たとき

    華奢な体に女性らしさを感じ、一生守っていこうと本能が掻き立てられます。

  • 【4】いつも元気なのに仕事などで失敗して落ち込んでいるとき

    普段は強く明るく前向きな女性が弱っていると、そのギャップにやられてしまいます。

  • 【5】友達からいじられすぎて困っているとき

    どうしていいか分からない困惑した姿をみると、助けてあげたいという感情が生まれます。

  • 【6】絶叫系のアトラクションやお化け屋敷を怖がっているとき

    「俺がいるから大丈夫!」と思わず肩を抱き寄せたくなります。

  • 【7】安心しきった寝顔を見たとき

    なんの警戒心もない状態で気持ちよさそうに眠る姿を愛しく思います。

いつも元気な女性が自分だけには弱さを見せてくれると「俺がそばにいてあげなきゃだめだ」という本能が掻き立てられるものです。きっと彼女もリードしてほしい、頼りたいと思っているはず。優しく受け止めてあげれば、二人の関係も深くなっていくのではないでしょうか。
Photo:All images by iStock