「夏休み中も会いたい!」とさりげなく伝える女子のサイン9パターン


夏休みを前に、「素敵な出会い」を期待している人は少なくないでしょう。しかし、すぐそばにいる誰かが、自分に向けて「脈ありサイン」を送っているとしたら、逃す手はありません。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「『夏休み中も会いたい!』とさりげなく伝える女子のサイン9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「私まだなんの計画も立ててないよー」と暇をアピールする

    「『一緒に過ごして』なんて言えないから、とりあえず『空いてます』と言いまくる」(20代女性)というように、遠慮がちに「誘ってほしい」と匂わせる女性は多いようです。「もしかして…」と感じたら、話題の映画やイベントのネタを振って、興味を示すか試してみましょう。

  • 【2】「実は苦手な課題があって…」と勉強のアドバイスを頼む

    「学校の延長みたいな感じでなら、誘いやすいので」(10代女性)というように、宿題や受験を口実にして意中の相手に声を掛ける女性もいます。とはいえ、単に利用されている可能性も否定できないので、見極めが肝心でしょう。

  • 【3】「○○の花火大会はすごいらしい」など、やたら夏のイベントの話をする

    「『じゃあ一緒に行く?』って言ってほしい…」(10代女性)というように、花火や夏祭りにかこつけて、あわよくばデートにこぎつけたいと考えているパターンです。「みんなで行かない?」と集合をかけたがる女子にも、別の狙いがあるかもしれないので、ひとまず乗って様子を見ましょう。

  • 【4】「何かあったら連絡して」と誘いを待っていることを匂わせる

    「私に興味ないかも…と感じているときは、消極的なサインに留めます」(20代女性)というように、自信のなさから「用事があれば…」と前置きしてしまう女子もいます。「どうでもいい相手に、声掛けてとは言わないはず…」などと深読みすれば、裏の意図に気付くことができそうです。

  • 【5】「あそこのかき氷食べたことある?」と夏期限定スイーツのネタで気を引く

    「『いまだけ!』は誰でもノリやすいし、流れで映画とかにも行けるかも?と下心(笑)」(10代女性)というように、相手が興味を持ちそうな話を選んでぶつけるケースです。「脈あり」かどうか確信が持てなくても、表向きの目的があるなら応じて損はないでしょう。

  • 【6】男性の予定を聞いて「私も行きたいと思ってた!」と関心を寄せる

    「夏フェスは未経験だけど、ここは思い切らなきゃ!と首をつっこんだ」(20代女性)というように、あえて興味津々な態度を取る女性もいます。とはいえ、「純粋に行ってみたいだけ」の場合もあるので、早合点するのは危険かもしれません。

  • 【7】「よさげな集まりがあったら声掛けるね」と個人的な連絡を予告する

    「いきなり連絡すると気まずくなりそうなので」(10代女性)というように、社交辞令の形を借りて、「誘いの前振り」をしているパターンです。真意を測りかねたら、SNSのIDだけでも交換しておきましょう。

  • 【8】「お土産を買うつもりだけど、休み中に渡せる?」と会う約束を取り付ける

    「新学期でもいいのに、あえて夏休み中を指定。そこにピンときてほしい!」(10代女性)というように、強引にでも用事を作り出そうとする女子は、かなり「脈あり」の可能性が高そうです。こちらもお返しがわりのお土産を用意してその日を待ちましょう。

  • 【9】「会えなくなるの、つまんないね」としょんぼりする

    「サインというか本心。相手が『え?』という顔をしたら、じっと見つめ返します」(10代女性)というように、はっきりと口に出さなくても、好意がダダモレになってしまう女子もいます。悪くないと思う相手なら、「俺も…」と受け止めて、一気に関係を進展させたいところです。

控えめな合図が多そうですが、ときには告白に近いサインもあるようです。「あのときのあれは!」などと後悔しないように、注意深くアンテナを張っておきましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock