「イケメンとは付き合いたくない」と思う本当の理由9パターン


一般的に「顔がいい男性はモテる」と思われていますが、なかには「イケメンとは交際したくない主義」の女の子もいるようです。見た目に自信があってもいまいちモテない男性は、彼女たちの本音に耳を傾けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性289名に聞いたアンケートを参考に「『イケメンとは付き合いたくない』と思う本当の理由」を紹介します。

  • 【1】「ちやほやされて性格が悪そう」というイメージがあるから

    「自意識過剰な男を連想する」(10代女性)というように、カッコイイ容姿ゆえテングになっているのではないかと、女の子が拒否反応を示すパターンです。見た目で「逆にソンしている」と感じている人は、「実はとんでもなくイイ人」など、内面の良さをもれなくアピールしたほうがいいでしょう。

  • 【2】「軽く扱われて遊ばれるんじゃないか」と不安だから

    「体の関係を持っても『付き合ってないし』とか言われそう」(10代女性)など、「イケメン=遊び人」と思い込んでいる女の子も少なくありません。茶髪を黒髪にしたり、剣道や弓道を趣味にするだけで、硬派な印象を与えられるでしょう。

  • 【3】カッコよすぎる人と一緒にいてもリラックスできないから

    「隣にいるだけで緊張しちゃうから無理」(10代女性)というように、一緒にいて安らげない男性とは恋愛できないと感じる女の子もいるようです。他人にはいつも笑顔で接するなど、相手がくつろげるような「癒しオーラ」を放つよう心掛けましょう。

  • 【4】そもそもブサメン好みで、イケメンにはまったく惹かれないから

    「かっこ悪いくらいのほうが、愛着が湧く」(20代女性)というように、外見が完璧すぎる男性は、逆にそのせいで敬遠されることもあるようです。たまには野暮ったいTシャツを着てダサファッションを演出すると、「抜けてる人」と安心してもらえるかもしれません。

  • 【5】競争率が高すぎて、ゴールするまでに疲れちゃいそうだから

    「その道のりを考えただけで、本気になれない」(10代女性)というように、辛い戦いに挑むより、確実にモノにできそうな男性を狙いたいと考える人もいます。黙っていてもモテるからといって、女の子同士を競わせるのは良し悪しだと心得ましょう。

  • 【6】横に並んだときに、釣りあわない自分を卑下してしまうから

    「似合ってないカップルって思われそう」(20代女性)というように、女の子が人目を気にしすぎているケースです。意中の相手がルックスのせいで気後れしている様子なら、「君の個性は最高だ!」などと持ち上げて自信を持たせてあげましょう。

  • 【7】女の子に対する理想が高すぎて、付き合っても苦労しそうだから

    「読モみたいな子じゃないと満足してくれなさそう」(10代女性)というように、理想の高さを警戒されるパターンです。冗談でも、「女子は顔が命!」などと高飛車に言い放つのはやめておきましょう。

  • 【8】美意識やこだわりが強すぎて、合わせるのが大変そうだから

    「付き合ったら疲れちゃいそう」(10代女性)というように、素材の良さを活かすべく、外見のクオリティ維持をがんばりすぎる男性は、「ポリシーが強そう」と疎まれてしまうようです。こだわりを追求するのはよいですが、相手には強要しないよう注意しましょう。

  • 【9】付き合ったあとも浮気しそうで心配だから

    「飽きたらほかの女に目移りするんじゃないかと思って、落ち着かないかも」(20代女性)というように、顔がいいというだけで、不安を抱かせることもあるようです。「この財布10年使ってるんだ。一度愛着が湧くと手放せなくて」など、日ごろから「一途キャラ」をアピールするとよいかもしれません。

女の子は「イケメンであるがゆえに、面倒なことも多そう」と思ってしまうようです。外見とともに内面も磨き、好きな子には果敢にアタックするようにしましょう。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで
対象:合計289名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock