「あれが別れのきっかけになった!」と元カノが語る地雷発言9パターン


平穏に付き合っていたハズのカップルが、彼氏の心ない一言をきっかけに破局してしまうケースは少なくありません。何気なく「地雷」を踏んでしまう前に、危険なフレーズを覚えておきたいもの。そこで今回は10代から30代の独身女性181名に聞いたアンケートを参考に、「『あれが別れのきっかけになった!』と元カノが語る地雷発言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ダイエットに励んでいるのを知っていながら「また太った?」

    「事実だとしても無神経すぎる!」(20代女性)など、女性の体型へのダメ出しは、意外とよくある失言のようです。もっと痩せてほしいと思うなら、「キレイになってきたね!」と努力を褒めることで、さらなるやる気を引き出すのが正解でしょう。

  • 【2】掃除や洗濯にお礼を言わず「家事は女の仕事じゃん」

    「この先もずっとそう言い続けるなと思った」(20代女性)など、「〇〇は女の役目」という固定観念を押し付けると、根本的な価値観の違いが表面化するようです。「してもらって当然」と思わず、「ありがとう」と感謝を伝えることが大切でしょう。

  • 【3】デートの約束を面倒そうに「いつでも行けるだろ」

    「会って楽しくないなら付き合う意味ない」(20代女性)など、彼女からのデートの提案を面倒くさがるセリフは、交際自体への疑問を抱かせてしまうようです。忙しくて時間がなくても、「来月なら休み取れるかも」というように、建設的な返答をすべきでしょう。

  • 【4】デートのためにオシャレしたのに「服装もうちょっと何とかならない?」

    「こんな男のために努力したくない!」(20代女性)など、デートの日に彼女がオシャレをするのは彼氏のため。それを否定するセリフは、彼女の気持ちを無にするのと同じです。服装が気に入らないなら、「今日は買い物しよ?」と一緒に似合う服を探しに行きましょう。

  • 【5】病気で寝込んでいるときに「体調管理が悪いからそんな目に遭うんだ」

    「弱ってるときまで正論って意味あるの?」(20代女性)というように、病床で寝込んでいる彼女へのダメ出しは、「思いやりのない男」という印象を決定的にするようです。小言は体調が回復するまでグッと我慢し、優しく看病してあげるのが恋人の務めでしょう。

  • 【6】仕事の悩みを相談したら「君は強いから大丈夫!」

    「支えてくれる人じゃないってわかった」(20代女性)など、普段はバリバリ働く彼女も、心の底にはか弱さを秘めているもの。「君は強いから」と言えば、彼女は突き放された気持ちになります。悩んでいる様子に気づいたら、「疲れてない?」とフォローしてあげましょう。

  • 【7】料理にダメ出しして「それで結婚できると思ってるの?」

    「別にアンタと結婚したいとか言ってないから!」(20代女性)など、彼女の手料理に対するダメ出し自体が地雷フレーズですが、さらに「結婚」を絡ませると致命的なようです。味付けに不満があるなら、「美味しい!でももう少し味が薄いほうが好きかな」など、言い方を工夫しましょう。

  • 【8】両親との関係に口出ししてきて「君の親って非常識じゃない?」

    「人の親に堂々とケチ付けるアンタが非常識だよ」(20代女性)など、彼女の家族に対する無神経な一言は、将来の不安を暗示させるようです。仮にも「家族」になる可能性がある相手に悪口を言うのは、真剣に交際していないと見なされるでしょう。

  • 【9】ケンカ中にそっけない態度で「お前の愛情は重いんだよ」

    「『迷惑なら、こっちから別れてやる』って感じ」(20代女性)など、彼女をうとましがることで、怒りを買う場合もあります。仮にプレッシャーを感じていたとしても、自分の将来への不安や、勇気のなさの裏返しである可能性を考えましょう。

たった一言のつまらないセリフが、二人の運命を変えてしまうこともあります。「覆水盆に返らず」とならないように、口にする言葉には気をつけたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計181名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock