「今年こそは水着姿を見たい!」彼女にダイエットを決意させる乗せ方9パターン


「彼女の水着姿をほかの男に見せたくない!」という独占欲の強い男性を除けば、誰もがやってみたい水着デート。とはいえ、肝心の彼女に「太ってるから…」と拒否されてしまう可能性もありそうです。そこで今回は10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「『今年こそは水着姿を見たい!』彼女にダイエットを決意させる乗せ方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ストレートに「今年は一緒に海へ行きたいな」と誘う

    「あまりに楽しみにしてるので、断りづらい」(10代女性)というように、ストレートに海やプールへのデートを提案し、何としても彼女にウンと言わせてしまうパターンです。「スタイル悪くて、恥ずかしい」などと本音を聞き出したら、すかさずダイエットを勧めましょう。

  • 【2】友だちカップルも参加するビーチBBQを計画する

    「みんなも水着で参加するなら、一人だけ拒否ると浮いちゃうし…」(20代女性)というように、水着着用のビーチパーティーを催すパターンです。浜辺の魅力をアピールするために、ウェイクボードなどのアクティビティも用意できると万全でしょう。

  • 【3】雑誌に出ている水着姿のタレントを「いいなあ」と褒めまくる

    「嫉妬心があおられます」(20代女性)というように、彼女の目の前でモデルやアイドルの水着姿に指をくわえてみせるパターンです。下心を丸出しにするのではなく、健全な男子の願望であることを爽やかに示すといいでしょう。

  • 【4】ショッピング中におだてて露出度の高い水着を買わせてしまう

    「買ってしまったからには、予定を立てざるをえません」(20代女性)というように、先に新作水着を買わせてしまうパターンです。体型を気にして水着を渋る彼女なら、「ダイエット成功のご褒美」として、先に買ってあげるのも手でしょう。

  • 【5】「君と夏の思い出を作りたい!」と今しかできないことを強調する

    「たしかに、オバサンになったら水着デートは厳しいかも」(20代女性)というように、2人の思い出作りの一環として納得させるパターンです。「防水カメラも買っちゃおうか?」などと外堀から埋めると、彼女も後戻りできなくなりそうです。

  • 【6】一緒に運動をしようと巻き込む

    「自分一人で辛いダイエットをするのは嫌だけど、一緒にがんばってくれるなら…」(10代女性)というように、水着デートを目標に運動しようと誘うパターンです。毎朝体重を報告しあうなど、お互いに監視の目を光らせるのが成功への近道かもしれません。

  • 【7】「二の腕がぷにぷにで可愛いねえ」と皮肉る

    「おなかの肉とかガシッとつかまれると、マズいと思う」(20代女性)というように、わかりやすくツッコミを入れてダイエットへのモチベーションを高めさせるパターンです。やりすぎると彼女の機嫌を損ねてしまうので、加減は考えたほうがいいかもしれません。

  • 【8】「人目がないから痩せないんだよ」と露出度の高い服を着せて連れ出す

    「ショーウインドウに映る自分を見るたびに、太ももと二の腕がヤバいと実感…」(20代女性)というように、彼女に「見られている意識」を持たせ、危機感を抱かせるパターンです。現実を直視したうえで、「水着」という目標が明確なら、理想のスタイルを手に入れる日も近いでしょう。

  • 【9】南国のビーチリゾートへの旅行を予約してしまう

    「旅の恥はかきすてだし」(20代女性)というように、海外リゾートへの旅行をブッキングしてしまうパターンです。締切がハッキリ設定されているので、覚悟を決めざるを得ないでしょう。

水着デートに難色を示す女性にとって、最大の問題は「羞恥心」。その原因は何か、そして羞恥心を取り払う方法はどれかを考え、彼女のタイプに応じた乗せ方を選ぶと良いでしょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock