取引先の女性を魅了する「初対面での振る舞い」9パターン


初めて商談をする会社の担当が好みの女性だったら…。たとえ仕事でも、好印象を残したいものです。そこで今回は、20代、30代の女性の職場体験を参考に、「取引先の女性を魅了する『初対面での振る舞い』」を紹介します。

  • 【1】ビシッと整ったスーツにピカピカの靴を合わせるなど、身だしなみに気を付ける

    形状記憶のシャツを購入する、スーツは定期的にクリーニングに出すなど、まずは見た目を意識して「爽やかな男性」を演出しましょう。

  • 【2】名刺交換のときに「明音さんって素敵な響きですね」と下の名前を呼ぶ

    ビジネスで知り合った相手なら、当面は苗字で呼び合うことになるでしょう。ただし、名刺交換のときだけは「下の名前」を呼ぶことができるので、あえて口にすると印象に残るかもしれません。

  • 【3】「実はウサギを飼っていて…」など、プライベートの話をちょっとだけする

    意外な一面を見せることで、グッと親近感が湧くでしょう。話の流れで、彼女の趣味も探りたいところです。

  • 【4】始終笑顔をキープし、とにかくよく笑うように心がける

    特に笑うようなネタがなくても、常に口角を上げて、ほほ笑みを絶やさないようにすれば、穏やかな印象を与えられるでしょう。

  • 【5】商談に入ったら、堂々と大きな声でゆっくりと話す

    どんなに見た目に気を配っても、ぼそぼそした声やそわそわした態度では、イメージが台無しになってしまうかもしれません。しゃべるのが苦手なら、友人に付き合ってもらって練習するのもよいでしょう。

  • 【6】大事なタイミングで、相手の目をじっと見つめる

    相手の企業の担当者が複数いる場合は、偉い人ばかりでなく一人ひとりを見て話すようにしましょう。気になる女性がいたらちょっと長めに見つめると、ドキドキさせられるかもしれません。

  • 【7】会話のなかで、「○○さんは…」と相手の名前を何度も呼びかける

    「○○さんは本社勤務なのですか?」「○○さんもよく大阪に出張されるんですね」など、あえて相手の名前を何度も口にすると、「あなたに向かって話している」というアピールになり、親しみを持ってもらえるでしょう。

  • 【8】打ち合わせ中に、「どう思われますか?」と聞いて相手の意見を尊重する

    自分が話すのは控えめにして聞き役に回ると、「私のことを理解してくれる!」と株が上がるでしょう。意見を聞き出したあとは、「なるほど。さすがですね!」と同調するのもよいかもしれません。

  • 【9】別れるときは、「またお会いしたいです」と言って握手で締める

    彼女の目を見ながらしっかりと力強く握りしめ、「次のお打ち合わせが楽しみです」など、次につながる一言を添えましょう。

商談も一つの「出会い」の場。ビジネスパートナーとしてだけでなく、男性としても好印象を残すために工夫できることはたくさんあるようです。(山田うみ)
Photo:All images by iStock