会社の飲み会で女の子のハートを射止める「紳士的な言動」9パターン


社内の飲み会が開催されたとき、どんな風に振る舞うと女性社員に好感を持たれるのでしょうか。今回は、「会社の飲み会で女の子のハートを射止める『紳士的な言動』」を、恋愛経験豊富な20代、30代の女性のみなさんに聞きました。

  • 【1】到着したら、壁側の席にエスコートする

    座る場所を迷っている子がいたら、すかさず楽な姿勢を取れる席を譲りましょう。

  • 【2】「ノンアルコールカクテルもあるよ」と飲めない人を思いやる

    飲めない女の子を事前に把握しておき、「ノンアルコールも種類が豊富みたいだよ」とメニューを開いて差し出すと、「気が利く人」と好印象を残せるでしょう。

  • 【3】セクハラ上司に絡まれていたら、割り込んで遠い席に誘導する

    間に入って話題を盛り上げつつ、「この間に席を外して大丈夫だよ」と、上司に気づかれないように女の子を逃がしてあげましょう。

  • 【4】「寒くない?」とこまめに室温を気遣う

    特に夏の冷房は女の子の大敵なので、自分が快適でも、周りが心地よいかどうかを気遣いましょう。

  • 【5】一気コールをさりげなく変わってくれる

    気になる子が困っていたら、「僕が飲みまーす!」と助け船を出しましょう。「困ったことがあったら、いつでも言ってね」とフォローすると、2人の距離がグッと縮まるかもしれません。

  • 【6】終盤ごろに「デザート食べる?」と女の子の心をくすぐる提案をする

    自分から「デザート頼みたい」とは言いにくいのが女心。タイミングよく声をかけると、「わかってる!」と株が上がるでしょう。

  • 【7】「飲みすぎるなよ」と小声で心配する

    女の子が飲みすぎて赤くなっていたら、「無理するなよ」と声をかけてあげましょう。「心配してくれているんだな」と、心をほっこりさせてあげられるかもしれません。

  • 【8】「明日、大丈夫か?」と終電の時間を気にしてくれる

    遅い時間になっても会がお開きにならないようなら、「もうすぐ終電だから、解散しようか」と提案し、女の子が確実に終電に乗れるよう気を配りましょう。

  • 【9】お開きが遅くなったら「途中まで送っくよ」と言って女の子扱いする

    家まで送ると不審がられてしまうので、「ここで大丈夫です」と女の子に言われたら、サッと引きさがる紳士さも持ち合わせているとよいでしょう。

飲み会の行動一つとっても、好きな女の子にアピールする機会はたくさんありそうです。(山田うみ)
Photo:All images by iStock