会社の飲み会で、女性社員から「さすが!」と褒められるお店選び9パターン


せっかく会社の飲み会の幹事をするなら、女性社員に喜んでもらって株を上げたいもの。そこで今回は、「会社の飲み会で、女性社員から「さすが!」と褒められるお店」を、20代、30代の女性のみなさんに聞きました。

  • 【1】名物メニューやニューオープンで注目されている「旬のお店」

    「新しいものが好き!」という女性のために、ネットや口コミで話題のお店をこまめにチェックするとよいでしょう。

  • 【2】靴を脱がなくてもよい「テーブル席のお店」

    ファスナー付きなど、脱ぎにくい靴を履いている女性もいます。お座敷席はめんどくさいと思う人が多いので、避けたほうが喜ばれるでしょう。

  • 【3】タバコの匂いが洋服につかない「禁煙のお店」

    喫煙者も多いので実際には難しいですが、禁煙のお店をセッティングすれば密かに喜ぶ女性はいるかもしれません。

  • 【4】落ち着いて話ができる「内装が適度にオシャレなお店」

    大衆居酒屋は女性ウケが悪いので、複数候補のなかで迷ったらオシャレなお店をセレクトしておきましょう。

  • 【5】よそのグループを気にせずにすむ「団体個室があるお店」

    個室が手配できるかどうかで、その日の盛り上がりはガラリと変わります。幹事としての真価が問われるでしょう。

  • 【6】お酒が弱い子も楽しめる「カクテルが充実しているお店」

    「飲み放題にされても、ビールと焼酎しかなったら飲めない」という人もいます。カクテルやソフトドリンクが用意されているかどうかは、女性社員にとって大きなポイントであると心得ましょう。

  • 【7】有機野菜が自慢など「食材にこだわったお店」

    たとえ飲み会であっても、栄養バランスを気にするのが女心。店舗にこだわりがなくても、せめてコースメニューに野菜料理を入れるようにしましょう。

  • 【8】甘いものには目のない女性のために「デザートが豊富のお店」

    最後にスイーツを用意するだけで、女性からの支持がグンと上がるかもしれません。

  • 【9】会社飲みで出費は避けたいから「リーズナブルなお店」

    料金の高いお店は、会社飲みではやめておきましょう。「男性4500円、女性は3500円」など価格差をつけると、女性に好印象を残せるでしょう。

お店選びに成功すれば、「○○さんってセンスいい!」と女性社員から一目置かれるかもしれません。気を引き締めてのぞみましょう。(山田うみ)
Photo:All images by iStock