幸せな社内恋愛を育むために「守るべきルール」9パターン


周囲にバレてはいけないため、普通の恋愛に比べて気をつけるべきポイントがたくさんある「社内恋愛」。今回は、恋愛経験の豊富な20代、30代の女性に、「幸せな社内恋愛を育むために『してはいけない行動』」を聞きました。

  • 【1】同僚に恋愛相談をする

    「誰にも言わないでね」とお願いしても、1人に言ってしまったら最後、自然と噂が広がってしまうかもしれません。たとえどんなに信頼している同僚でも、うかつに相談しないよう気を付けましょう。

  • 【2】付き合いだした途端によそよそしくする

    仲がよかったのに、急に目も合わせなくなると逆に注目されてしまいます。たとえば付き合う前まであだ名で呼んでいたなら、同じあだ名で呼び続けるようにしましょう。

  • 【3】平日の夜にデートをするとき、会社のすぐ近くで待ち合わせる

    自分たちは気を付けているつもりでも、誰が見ているかわかりません。「待ち合わせは、5駅以上離れた場所で」「取引先の周辺も避ける」など、会社の関係者とばったり会わないよう工夫しましょう。

  • 【4】彼女に自分の仕事の話をする

    特定の人しか知らないような機密情報を彼女が知っていると、「どこから漏れたんだろう?」と関係者から勘ぐられる可能性もあります。関係者外秘の情報は、特に気を付けましょう。

  • 【5】社内でも下の名前で呼ぶ

    本人はイチャついているつもりはなくても、愛称で呼び合うと、周りに「ただならぬ空気」を感じとられてしまうかもしれません。意図的に呼ぶのはもちろんのこと、「うっかり」呼んでしまわないように気を付けましょう。

  • 【6】社内メールでデートの約束をする

    社内メールで2人の連絡をやりとりしていると、間違えて「社内メーリングリスト」でデートの約束を取り付けてしまい、会社中に交際を暴露してしまうこともあるようです。連絡はプライベート用の携帯で行いましょう。

  • 【7】同じタイミングに長期休暇をとる

    噂好きの女性は敏感なので、長期で一緒に休むと、「一緒に旅行に行ってるんじゃない?」と話題になるのは時間の問題かもしれません。

  • 【8】朝一緒に出勤する

    たとえフロアに入るタイミングを2~3分ずらしても、「毎週月曜日は、あの2人朝早いよね」などと噂されているかもしれません。一緒に通勤すると電車の中で見られるかもしれないので、別々に出勤しましょう。

  • 【9】社内恋愛で二股する

    万が一バレたとき、恋愛関係になった2人の女性から責められるだけでなく、職場中の女性から後ろ指を指されるかもしれません。

1人に気づかれると、あっという間に広がってしまう社内恋愛。心のどこかで「バレたらどうするか」を覚悟しておいたほうがよいでしょう。(山田うみ)
Photo:All images by iStock