上司に褒められたときのカッコイイリアション9パターン


オフィスで上司から褒められたとき、どんな返答をすれば周囲に爽やかな印象を残せるのでしょうか。そこで今回は、20代、30代の女性の職場体験を参考に、「上司に褒められたときに、周りから『カッコイイ』と思われるリアクション」を紹介します。

  • 【1】謙虚な姿勢で「至らないところばかりです」

    謙虚な態度は、周囲から支持されるでしょう。ただし、行き過ぎて「僕なんて…」と自己否定をすると、印象を与えてしまうかもしれません。

  • 【2】嬉し恥ずかしそうに「ありがとうございます」

    変に格好つけるより、ありのままの自分を出すほうが、温かい目で迎えてもらえそうです。

  • 【3】「褒められたことがないので、リアクションに困ります」と謙遜する

    褒めたことに対して返答がないと、相手は残念に思うかもしれません。すぐにレスポンスできない人は、「慣れないことに反応できなくて…」と正直に打ち明けるのも手でしょう。

  • 【4】「頑張りが報われました」と素直に喜ぶ

    ポジティブなリアクションは、上司だけでなく、同僚からもすがすがしいまなざしで見られるでしょう。

  • 【5】「自信が湧いてきました!」と褒めてくれたことに敬意を示す

    上司は、部下のモチベーションを引き出したくて言葉をかけることもあるので、褒めてくれた行為そのものに「やる気がでました!」と感謝するのもよいでしょう。

  • 【6】「チームみんなの協力のおかげです」と周りを持ち上げる

    常に腰が低く仲間を立てる人は、周りから歓迎されるようです。ひょっとしたら、そんな謙虚な姿を「素敵!」と見つめる女子がいるかもしれません。

  • 【7】「課長にご指導いただいたおかげです」と上司をたてる

    「コンセプトの変更をしたときの、課長の指示が決め手でした」など、具体的な要素を挙げるのもポイントでしょう。

  • 【8】「これからもっとがんばります!」とやる気を見せる

    大きな声で元気いっぱいに返答すれば、職場のみんなからも頼もしく思ってもらえるでしょう。

  • 【9】「またアドバイスいただけたら幸いです」と教えを乞う

    未来に向けた柔軟な姿勢は、「人の意見を聞く人なんだな」と、周りからの評価につながるでしょう。

ポイントは、おごることなく、前向きに返答することのようです。褒められたときの反応を少し工夫するだけで、職場の女子にさらに好印象を残すことができるでしょう。(山田うみ)
Photo:All images by iStock