【ランキング】別れた直後に抱く「彼女へのザンゲの気持ち」ベスト3


1398502070006 200x200

交際中は身近な存在すぎて彼女の大切さに気付けず、別れ話をされてから激しく後悔したという経験がある人もいることでしょう。そこで今回は『スゴレン』男性会員へアンケートをもとに、「別れた直後に抱く『彼女へのザンゲの気持ち』ベスト3」を発表します。


【1位】普段からもっと優しく接してあげればよかった(106票)
・「兄妹のような感覚になっていて、女子扱いしてなかった。彼女は不満があったんだろう」(20代男性)
・「よく記念日とか忘れてたけど、お金で買えないモノは大事にするべきでした」(20代男性)
・「たくさん美味しい料理を作ってくれていた彼女。月に1度ぐらいは俺が手料理でもてなしてあげてもよかったな」(30代男性)

【2位】変なプライドを持たずに、素直な気持ちを出すべきだった(103票)
・「硬派気取りで愛情表現をあまりしなかった。黙ってても気持ちは伝わるものと思ってたけど…」(20代男性)
・「『男が頭を下げるもんじゃない!』って思ってて、2人の気持ちの溝が広まっちゃったっぽい」(30代男性)

【3位】疲れているときでもちゃんと話を聞いてあげればよかった(80票)
・「今思えば『仕事が忙しいからしょうがない』は言い訳でしかないよ」(20代男性)
・「自分の愚痴とかはさんざん聞いてもらってたのに…。自己中でした」(30代男性)


彼女を雑に扱い、会話などのコミュニケーションが不足していたことを後悔する声が多かったようです。1位~3位のような反省を今後の恋に生かすために、いま意中の女性から「元カノとは何で別れたの?」と聞かれた場合、包み隠さず自身の後悔の念を伝えてみると「自分の悪い所をちゃんと認められる人だな」と好印象を与えられるかもしれません。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計622名(『スゴレン』男性会員)
方法:インターネット調査
※2013年1月28日現在