同級生の男子とは違う!新卒女性が会社の先輩に憧れる理由9パターン


新しく社会人の仲間入りをした女性たちにとって、「男性の先輩」が同期の男子たちよりも遥かに大人に見え、憧れてしまうというケースは少なくないようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「新卒女性が『学生時代の男どもと違って、会社の先輩ってオトナ!』と憧れる理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分が不慣れでわからない仕事を、簡単にこなしてしまうから

    「単純にスゴい。尊敬しちゃう」(20代女性)など、新人はどんな仕事も難しく感じるものです。慣れている先輩にとっては簡単な作業でも、彼女たちの目には「スゴい!」と映るのでしょう。自慢気に見せつけるのではなく、さりげなくこなすことで尊敬されそうです。

  • 【2】女性にガツガツしておらず、大人の余裕を感じさせるから

    「大人って感じがする」(20代女性)など、「良き先輩」としての付かず離れずの距離感が、新人女性に「余裕」を感じさせるようです。歓迎会のような席でもガツガツと寄っていかず、節度ある態度で接していくのが正解なようです。

  • 【3】親身になって仕事の相談にのってくれるから

    「相談にのってもらえるとホッとする」(20代女性)など、慣れない環境で働く新人女性にとって、自分の不安を親身に聞いてくれる先輩男性は安心感のある存在のようです。それとなく悩みを聞きだしてあげることで、「頼れる男性」と思ってもらえそうです。

  • 【4】お酒の上手な飲み方を心得ているなど、大人っぽさを感じるから

    「落ち着いた飲み方がカッコいい」(20代女性)など、テンションと勢いで楽しむ学生時代と違って、大人は落ち着いたスタンスでお酒を楽しむもの。無駄にはしゃがず、じっくり会話を楽しみながらグラスを傾けることで、大人としての経験値をアピールできそうです。

  • 【5】仕事でトラブルがあっても冷静に対処するなど、頼りがいがあるから

    「いつも落ち着いている所に惚れ惚れする」(20代女性)など、仕事でミスが発覚したときなどにもパニックにならない冷静さに、豊富な経験を感じて頼もしく思う女性も。後輩のミスを速やかにフォローしてあげることで、安心感を覚えてもらえるようです。

  • 【6】専門分野について誰にも負けない知識や技能があり、尊敬できるから

    「立派な人だと思う」(20代女性)など、自分の職域で一人前の能力を持っている先輩男性は、新人女性にとって尊敬の対象のようです。社会的な能力の高さは、男性の魅力の一部。余裕をもってキッチリ仕事をこなすことで、充分にアピールできるはずです。

  • 【7】経験に裏打ちされた言葉の一つひとつに深みがあるから

    「先輩だからこその説得力がある」(20代女性)など、経験を元に新人に適切なアドバイスができるという点も、先輩男性の魅力のようです。上から押し付けるのでなく、新人女性の目線に立ってわかりやすく話をすることで、共感と尊敬が得られそうです。

  • 【8】会話の受け答えが丁寧で、言葉が通じる気がするから

    「私の話をちゃんと聞いてもらえる」(10代女性)など、精神的に余裕がある先輩という立場は、女性と丁寧な会話がしやすいようです。難しいビジネス用語を使うより、相手に伝わりやすい平易な言葉を選ぶことで、密度の高いコミュニケーションができそうです。

  • 【9】年季の入ったスーツの着こなしがサマになっていて、かっこいいから

    「スーツに着られてるんじゃなくて、ちゃんと着こなしてる」(20代女性)など、先輩男性のこなれたスーツ姿に胸キュンしている新人女性は少なくないようです。こまめなクリーニングで清潔感をキープしつつ、ネクタイや小物などで大人のオシャレを強調したいものです。

新しい環境に飛び込んだばかりの新人は、右も左もわからず不安なもの。先輩として温かく見守り、成長を助けてあげることで、尊敬と好意は自然に得られるはずです。一人の異性として接するのは、その次のステップと考えてみてはいかがでしょう。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock