「彼女に振られそう…」と弱気になる瞬間あるある7パターン


男性が交際中の彼女に「俺のこと、もう好きじゃないのかも…」と不安になるのは、どういうときでしょうか。今回は、10代から30代のスゴレン男性読者に聞いた「『振られるかも…』と心配になる彼女の振る舞い」を紹介します。

  • 【1】デート後「バイバイ」と別れてから、一度も振り返ってくれなかったとき

    定期的にデートを重ねるようになると、付き合いたてのような別れ際の名残惜しさは薄れていくのが普通かもしれません。

  • 【2】自分以外の男性と何人かで遊びに行ってたとき

    「男女間の友情は成立する」と考える彼女にとっては普通のことなのかもしれません。

  • 【3】メールの返事がそっけなかったとき

    返事に困るようなメールをしてないか、一度心に手をあてて考えてみましょう。

  • 【4】「あの人、タイプ!」とあからさまに、ほかの男性を褒めたとき

    特に深い意味はなく軽いノリで言った可能性もあります。いちいち目くじらを立てないで話題を変えるほうが賢明でしょう。

  • 【5】街でナンパされたことを嬉しそうに話したとき

    彼氏に焼きもちを焼いてほしいだけかもしれません。「かわいいから心配だな」と言えば、彼女も「彼を不安にさせちゃった…」しそうです。

  • 【6】デート中なのにずっとスマホをいじっているとき

    デート内容のマンネリ化が原因かもしれません。彼女が喜びそうなデートを計画して、スマホいじりを阻止しましょう。

  • 【7】手をつなごうとしたら避けられたとき

    「別れたい」まではいかなくとも、彼女を怒らせるようなことをしてないか胸に手を当てて考えましょう。

一度でも彼女にそっけない態度をされると、「もっと嫌われたらどうしよう…」とますます萎縮してしまうことがあるかもしれません。冷たい態度を取られても、自分に思い当たる原因がなければ、「何かあったの?」と直球で彼女に尋ねてみると、解決の糸口が掴めるかもしれません。
Photo:All images by iStock