「この人とのエッチは無理かも」と思われる食事中の仕草9パターン


せっかく気になる女性と食事をする機会に恵まれたのに、食事中の仕草一つで「この男とはエッチしたくない」と思われるのは避けたいもの。では、食事中のどんな仕草に女性は嫌悪感を抱いてしまうのでしょうか。『夜のオトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『この男性とのエッチはご遠慮したい』と思わせる食事中の仕草」をご紹介します。

  • 【1】クチャクチャ音を立てて食べる

    「生理的にムリ! 見るのも聞くのも不快」(20代女性)と、もっとも多く挙げられたのが「音を立てて噛む」パターンです。「生理的に受け付けない男性には触られたくない」と思う女性は多いので、自分がクチャクチャと噛んでいないか、一度、食事の仕方をチェックしてみるといいかもしれません。

  • 【2】食べ物を噛むときに口を閉じない

    「口を閉じずに噛んで、歯茎まで見えたのが獣みたいでゾッとした」(20代女性)というように、「口を開けて噛む」のも不快の対象のようです。黙って食べているときだけでなく、口の中に食べ物が入っている状態でしゃべろうとすると、無意識的に相手に咀嚼物を見せてしまう場合が多いので、親や友人など身近な人に、自分にそういうクセがないか聞いておくといいでしょう。

  • 【3】食べる度に箸をなめる

    「変態っぽくて引く!」(10代女性)という意見の通り、ものを食べる行為はエッチに通じる生々しさがあるだけに、当人にとっては「ちょっとした仕草」でも、女性に致命的な嫌悪感を抱かせてしまう恐れがあります。また、これは「ねぶり箸」といってお箸のマナー違反の一つなので、女性と同伴していないときでもやめたほうがいいでしょう。

  • 【4】箸の持ち方が変で食べ物をうまくつかめない

    「あっちも不器用なのかなって思う」(20代女性)など、ちゃんとお箸が使えないだけで「エッチ下手」を疑われる危険があるようです。逆に「お箸の使い方がキレイだと指が美しくみえてセクシー」(20代女性)と、女性の期待値がアップする場合があるので、箸使いに自信がない人は、きちんとマスターしておくといいでしょう。

  • 【5】歯の間に挟まったものを手でとる

    「こんな不潔なこと、目の前でしてほしくない!」(20代女性)と、品のない行為を堂々とする男性には、たとえその気があって食事に同席した女性でも、一瞬で冷めてしまうことがあるようです。歯の間に食べ物が挟まってしまったときには、不潔な印象を与えないためにも、口元をハンカチで隠して、楊枝を使用したほうがいいでしょう。

  • 【6】がっつき過ぎてこぼしながら食べる

    「何度も口から食べ物が落ちるのは汚い!」(20代女性)など、これも女性に「汚い」印象を与えてしまうきっかけになるようです。また「がっつく人はエッチもガサツっぽい」(10代女性)と想像する女性もいるので、たとえお腹が空いていても、落ち着いて味わいながら食べる余裕を持ちましょう。

  • 【7】食事中にもかかわらず貧乏揺すりをする

    「雰囲気ぶちこわし! エッチにも思いやりがなさそう」(20代女性)というように、貧乏揺すり一つで食事中のなごやかなムードが台無しにされると考える女性は多いようです。貧乏揺すりは人に不機嫌な印象を与えやすい行為ですから、人前ですると不快に感じられることがあります。日頃、貧乏揺すりを指摘される人は気をつけておくといいかもしれません。

  • 【8】一人でさっさと先に食べ終える

    「自分勝手なエッチしそう!」(10代女性)と、同席者のペースを無視して食べ終えることで、相手の反応をみないでエッチするタイプに思われてしまうケースです。「エッチも食事も、相手あっての楽しみだと思う」(30代女性)という意見もあるように、食事の進め方からあらぬ想像を巡らせる女性は多いので、気配りを大切にしましょう。

  • 【9】ゲップを思いっきりする

    「においそうだし、汚らしい」(10代女性)というように、音と共に汚らしい印象を与えてしまうのがゲップです。人目を気にせずゲップするのはエチケットに反するだけでなく、「不愉快な男性」として、永遠にエッチの対象外に置かれかねません。どうしても出てしまうときには口元をハンカチで抑えるなど気遣いをみせるのが得策でしょう。

このほかのパターンで女性から「エッチしたくない」といわれたことはありますか? みなさんのご意見お待ちしております。(渋谷ちか)
Photo:All images by iStock