初対面で「モテなそうな人…」と思われてしまう話しかけ方9パターン


出会いにおける第一印象は、ルックスだけでなく「話しかけ方」にも大きく左右されます。初期段階で違和感を与えると、恋愛対象から即座に外されてしまう可能性も…。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に、「初対面で『モテなそうな人…』と思われてしまう話しかけ方」をご紹介します。

  • 【1】「あ、あの…お話いいですか?」と、声が小さすぎて聞き取りづらい

    「対等の会話が成立しない」(20代女性)など、緊張のあまりに声が小さくなっていると、女性からまともに会話ができない相手だと見なされてしまうようです。ハキハキした口調を意識して、「あなたと話がしたい」という気持ちを伝えたいところです。

  • 【2】「ご趣味は?」「年齢は?」など、お見合いのような質問を連発する

    「堅苦しすぎて、面接を受けてる気分になる」(20代女性)など、プロフィールを探る質問ばかりぶつけると、相手を警戒させてしまうようです。初対面では打ち解けることを優先して、軽い話題から入りましょう。

  • 【3】「元気?」「一緒に飲まない?」など、妙にテンションが高くて、チャラい

    「一瞬でどーでもいい相手だなと思う」(20代女性)というように、軽いノリで声を掛けるのは、ナンパ目的ならともかく、普通の出会いのシーンにはそぐわないようです。少なくとも第一声は「一緒に飲みませんか?」とていねいに話しかけるのが正解でしょう。

  • 【4】「俺?年収2000万だよ!」と、いきなり自分のステータスを自慢する

    「自分の話ばかり連発されると聞いていられない」(20代女性)など、一方的に「自分の話」をし続ける男性が苦手な女性は多いようです。自慢に値する内容であっても、タイミングを間違えれば寒い話題でしかありません。会話のキャッチボールを心掛けましょう。

  • 【5】「可愛いね、彼氏いるの?」など、一言目から下心を隠さない

    「ひたすら軽く聞こえる」(20代女性)など、初対面でいきなり言う「可愛いね」は、女性には安っぽいお世辞にしか聞こえないようです。美しさを褒めるなら、「その髪型センスいいね」など、具体的なポイントに絞って「オシャレさ」を褒めると好印象でしょう。

  • 【6】「僕なんかが話しかけてスミマセンね」など、自虐的なほど腰が低い

    「そんな人に話しかけられた私の立場って?」(20代女性)など、過剰な腰の低さは、かえって女性を困らせてしまうようです。異性としてまともな会話を交わすには、お互いがフェアな立場でいることが前提なので、卑下しすぎるのはやめましょう。

  • 【7】「あ、俺も同じスマホだよー」など、いきなり馴れ馴れしい

    「あんた誰?って感じ」(10代女性)など、さりげなさを装った親しみの表現は、むしろわざとらしさを際立たせるようです。同年代などの気軽な相手であっても、まず挨拶、次に自己紹介…という手順を踏んだほうがいいでしょう。

  • 【8】「いい天気ですね」「人が多いですね」など、発展しない話題しか振れない

    「退屈で離脱したくなる」(20代女性)というように、「無難すぎる会話のネタ」は、導入には適しているものの、面白みに欠けてしまうようです。目の前にある料理、共通の友人など、何らかの接点を探してテーマを広げる話術は必要でしょう。

  • 【9】「あ、あ、あの、あのあの…」と、オドオドして絶対に目線を合わせない

    「ナヨナヨしていて気持ち悪い」(20代女性)など、自分から話しかけておいて目線を合わせない男性は、女性に「気弱さ」を見透かされてしまうようです。会話の最中は、こまめに目を見て笑顔を作るようにすると、相手に安心してもらえるはずです。

イケメンでなくとも、堂々とした態度と笑顔さえ意識すれば、どんな女性とでも「普通の会話」は成立するもの。まずはそこを目指してみると良さそうです。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock