ブサメンが「雰囲気イケメン」を目指すための第一歩9パターン


さほど美形でなくても、なんとなくカッコよく見える「雰囲気イケメン」。もともとの顔立ちで勝負するのでなければ、意外と簡単に目指すことができるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性263名に聞いたアンケートを参考に「ブサメンが『雰囲気イケメン』を目指すための第一歩」をご紹介します。

  • 【1】無精ひげを剃るなど清潔な身なりを心がける

    「清潔感があることが大前提。整えてないヒゲとかシワシワのシャツとかはダメ」(20代女性)というように、つねに小奇麗なことが雰囲気イケメンの特徴としてよく挙げられているようです。身なりに気を付けるのはもちろん、目につきやすい学校や職場の机の整理整頓も心がけましょう。

  • 【2】キチンと自分の体にあったサイズの服を選ぶ

    「センスない人は大きすぎるのを着てる。とくに肩幅が合っていないと痛い」(20代女性)というように、ジャストサイズの服を選ぶだけで、見る人に与える印象は大きく変わります。面倒でも、なるべく試着をして、鏡でチェックしてから購入したいところです。

  • 【3】運動して体を引き締める

    「鍛えている人は、顔つきも精悍に見えてカッコいい」(20代女性)というように、スポーティーな雰囲気の男性は、印象がシャープで、目鼻立ちまでキリッとして見えるもの。運動する習慣のない人は、ウォーキングやジョギングなどからはじめてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】背筋をピンと伸ばし、胸を張って歩く

    「姿勢がいいと、なんとなく自信ありげでいい。反対に猫背だとイケメンも台無し」(10代女性)というように、颯爽とした立ち振る舞いには、男前っぽさをを割り増しさせる効果があるようです。ネットで正しい歩き方を調べたり、スタンドミラーで姿勢を確かめたりして改善しましょう。

  • 【5】女の子の話が止まらなくなるような聞き上手を目指す

    「話しやすいから、さほどイケメンじゃなくても印象がいい」(10代女性)というように、会話を盛り上げるスキルを持っていることで、男としての評価が高まる場合があるようです。「すごいね!」「えっ!マジで!」など、驚いたり共感したりしていることを伝えるだけでも、女の子の反応が変わるかもしれません。

  • 【6】女の子が一緒にいて快適に過ごせるよう気配りをする

    「自然にレディファーストができる人は、顔はアレでも素敵に見える」(20代女性)というように、気遣いができる男性も、ビジュアルがどうあれ高得点を挙げているようです。ドアを開けてあげる、並んで歩くときは車道側を歩くなど、紳士的な身のこなしを身につけておきましょう。

  • 【7】信頼できる美容師を見つけて髪型を変える

    「男の子も髪型でごまかせる部分って結構あると思うの」(20代女性)というように、流行を押さえたヘアスタイルにするだけで、だいぶイケメンに見えるという意見もあります。できれば、服装も含めてアドバイスしてくれる美容師さんを見つけると心強いかもしれません。

  • 【8】メンタルを鍛え、オドオドするのをやめる

    「いつも堂々としてたら大丈夫。キョドってると余計ブサイクが目立つ」(10代女性)というように、打たれ強く、緊張しないというだけでも、何割増しかでカッコよく見えるもの。場馴れするのが一番ですが、筋トレやマラソンなどで体をいじめて、変身を遂げた自分に自信を持つのもいいでしょう。

  • 【9】仕事や部活、勉強に打ち込み、成果を出す

    「学年1位の成績とか、部活で全国大会とか聞くと、ちょっと気になる…」(10代女性)というように、特定の分野で輝いたことがきっかけで見直される人もいるようです。小手先の努力をするよりも、目の前の何かに一生懸命に取り組むことが、モテるための近道なのかもしれません。

「ただしイケメンに限る」ではなく、比較的誰でも参考にできる内容が多かったのではないでしょうか。ヒゲを整え、髪型を変え、服のサイズを見直すだけでも、女の子のリアクションが変わるかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年12月3日(火)から10日(火)まで
対象:合計263名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock