学生時代の男とは違う!恋に落ちそうになる先輩社員の特徴9パターン


初めての社会人生活で不安が尽きない新入社員は、頼りになる先輩に、思わず恋をしてしまうことがあるようです。では、女性はどんな先輩に魅かれるのでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者の意見を参考に、「女性新入社員が『学生時代の男とは違う!』と感じて思わず恋に落ちてしまう、先輩社員の特徴9パターン」を紹介します。

  • 【1】「僕もそうだったよ」と、自分の経験談とともに仕事を教えてくれる

    「同じ目線に立ってくれると親近感が湧く」(20代女性)と、先輩という立場を感じさせない物言いは、後輩の緊張を和らげるようです。「俺もこれで失敗して怒られたな」などと自分の失敗談を交えて指導すれば、女性はより親しみを感じ、心を開きやすくなるかもしれません。

  • 【2】くだらない質問にも、いつも笑顔で丁寧に答えてくれる

    「どんなときも優しい先輩に恋心が芽生えた」(20代女性)など、先輩の懇切丁寧な指導に温かい人柄を感じ取る女性は多いようです。ただし、時間がないと苛立つ、お気に入りの子を特別扱いするなどの気分屋的な行動は嫌われるので、避けたほうがいいでしょう。

  • 【3】新人がミスをしたとき、「俺がちゃんと教えられなかったから」とかばってくれる

    「私生活でも守ってくれそう」(20代女性)と、新人のミスを全面的に受け入れる男性に対し、「包容力」を感じてキュンとする女性もいました。さらに、二人きりで話す時間を作ってやさしくフォローすれば、女性の心をつかめるかもしれません。

  • 【4】どんなに忙しくても、テンパらずスムーズに仕事をこなしている

    「愚痴ひとつ言わない冷静さが素敵」(20代女性)など、激務を黙々とこなすクールな男性に憧れる女性も多いようです。逆に、「疲れた」「ヤバい」などのマイナスイメージの発言は、心に余裕がなく器の小さな男と思われがちなので避けましょう。

  • 【5】シャツにシワひとつなく、身だしなみが整っている

    「こだわりの小物を身に付けているとさらにカッコいい」(10代女性)と、社会人になりたての女性には、スーツを完璧に着こなす先輩が新鮮に映るようです。キャラクターが小さくデザインされたネクタイなど、遊び心のある小物もこなれた印象を与えられそうです。

  • 【6】ちょっとした口約束でも、忘れることなく必ず守る

    「有言実行はまさに大人の男!」(20代女性)など、どんなに小さな口約束でも忘れないことで、大人の男性ならではの魅力を女性にアピールできるようです。会話に出たお菓子をさりげなくあげるなどすれば、より好印象を与えられるかもしれません。

  • 【7】上司に面と向かって堂々と自分の意見を言える

    「仕事熱心な証拠」(20代女性)と、自分の意見をきちんと持って仕事に取り組む姿勢は、後輩女性に男らしく映るようです。ただし、意見が通らなくて拗ねると「単なるワガママ」にしか見えないので、謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

  • 【8】自分の勤務時間外にもかかわらず、新人の残業に付き合ってくれる

    「恋愛したら心の支えになってくれそう」(20代女性)など、新人女性の不安を察して助けてくれる男性は、女性に大きな安心をもたらすようです。ただ、毎日ベッタリ指導すると監視されているようで嫌がる女性もいるので、ほどほどの距離感で接したほうがいいかもしれません。

  • 【9】ヘコんでいるとき「なにかあった?」と真っ先に気づいて話を聞いてくれる

    「何気ない優しさにグッとくる」(20代女性)のように、自分を気にかけてくれる先輩に、特別な感情を抱く女性もいるようです。また、話すことは沈んだ気持ちを和らげる効果もあるので、女性の話を遮らずにすべて聞いてあげることも大切でしょう。

女性新入社員にとって、仕事熱心な先輩はカッコよく映るものです。また、指導の際には、つかず離れずの微妙な距離感が大事と言えるでしょう。女性が頼りたいと思う先輩像を目指してみてはいかがでしょうか。(廣野順子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock