テーマパークで行列に並んでいるとき、彼女を退屈させない対応9パターン


口下手な男子にとって、デートにおける最大の悩みどころと言えるのが「待ち時間」。人気スポットで彼女にあくびを連発されないように、ちょっとした気遣いを覚えておきたいところです。そこで今回は、10代から30代の独身女性203名に聞いたアンケートを参考に「テーマパークで行列に並んでいるとき、彼女を退屈させない対応9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「疲れてない?」「寒くない?」と、体調を気遣う

    「待ち時間に『だりー』と言うような男は論外」(20代女性)というように、自分のことより女性の体調を気遣うのがデートの掟というもの。「休憩する?」「何か飲む?」「お手洗いは大丈夫?」などと、とことんお世話係に徹して男の包容力を見せつけてあげましょう。

  • 【2】「やっとゆっくり話せるね」と、行列を喜ぶ

    「ポジティブな発言が素敵」(10代女性)など、待ち時間の長さを逆手に取った発言で空気を和ませるパターンです。彼女を飽きさせないように、何気ない話にも熱心に耳を傾けるなど、「聞き上手」としてのリアクションを心がけたいところです。

  • 【3】「めっちゃドキドキしてきた」と、期待感を口にする

    「順番が近づくたびに盛り上げてくれると嬉しい」(10代女性)など、待ち時間に比例するようにテンションを上げれば、ワクワク感をあおることができそうです。彼女が緊張しているようなら「大丈夫だよ」や「怖かったらリタイアしてもいいよ」と言って安心させてあげましょう。

  • 【4】周囲を見渡して「俺の隣にいるコがいちばんカワイイな」と言う

    「お世辞でも嬉しい」(20代女性)など、行列を利用した褒め言葉で彼女を上機嫌にさせる作戦です。「つまり俺はこの中で一番幸せな男だな」などと畳み掛けて、彼女にたっぷり優越感を味わってもらいましょう。

  • 【5】「アメでも舐めよっか?」と、子どものようにはしゃぐ

    「ポケットからアメやガムを出されると癒される」(10代女性)など、間を持たせるためのアイテムとして、お菓子をポケットにしのばせておくのも手です。フルーティーなフレーバーやスイーツ系など、女子受けする一品を用意したいところです。

  • 【6】「このテーマパークの歴史は…」など、豆知識を披露する

    「専属ガイドみたいで頼もしい」(30代女性)など、意外な情報を教えることで彼女を飽きさせないパターンです。あくまでも現地に関わるウンチクを語ることがポイントなので、事前にガイドブックやネットからネタを仕入れておきましょう。

  • 【7】「順番がくるまでに答えてね」と、難解なクイズを出す

    「ムキになって正解するまで考えてしまいそう」(20代女性)など、クイズは時間稼ぎにぴったりの遊びでしょう。「正解したらアイスを奢ってあげる」など、ご褒美を用意すれば一層盛り上がりそうです。

  • 【8】「ハハッ」など、人気キャラのモノマネを繰り出す

    「たとえ似てなくても、笑わそうとしてくれる気持ちがうれしい」(10代女性)など、彼女に笑いや癒しを提供するには、「モノマネ」を繰り出すのも効きそうです。中途半端な仕上がりよりも、完璧レベルか全然似ていないほうが、相手もリアクションしやすいかもしれません。

  • 【9】「次はアレに乗って、そのあとにご飯食べよ」など、状況に応じた予定を考える

    「次の行動が楽しみになって行列を乗り切れそう」(20代女性)など、先の予定を想像させて楽しい気分の維持を図る方法です。あくまでも女性の意見を優先したプランを考えて、最後まで優しくエスコートしてあげたいところです。

たとえ待ち時間の間に会話が途切れても、ささいな「気遣い」を見せれば彼女に喜んでもらえるはず。せっかくのデートですから、行列を味方にして2人の絆を深めたいところです。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計203名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock