「好きバレ」が怖くてやってしまう好き避け行動あるある


1393076449923 200x200

好きな相手だからこそ意地を張ったり、照れ隠しで本心とは裏腹な行動を取ってしまい、「俺って素直じゃないよな」とため息をつく…。そんな男性は結構多いですよね? そこで、スゴレン男性読者に「『好きバレ』が怖くてやってしまう好き避け行動あるある」を聞いてみました。

◆目が合ってもすぐにそらし、意地でも目を合わせようとしない
「好意がバレないように反射的にそらしてしまう」(20代男性)
「目が合って、その後気まずくなってしまうのが怖い」(10代男性)
「『何?』とか無邪気に聞かれたら、言葉に詰まってしまうから」(30代男性)

◆二人っきりになれるシチュエーションなのに、あえて避けてしまう
「トークが苦手なので、つまらない男だと思われるんじゃないかと不安」(20代男性)

◆他の男性を勧めるような発言をするなど、他の男性との恋を応援しているかのような態度をとってしまう
「その場では余裕ぶってしまうけど、後で、本当に付き合ったらどうしよう…と自己嫌悪に陥る」(20代男性)

◆本当は連絡をとりたいのに、電話やメールのやりとりを我慢している
「メールが来れば返信するけど、自分からだと、引かれる気がしてできない」(20代男性)


好きな女の子に自分の好意を知られるのが恐い気持ちは分かりますが、避けるような行動はかえって相手の心証を悪くしてしまうかもしれません。ついそっけなくしてしまうなら、「その服かわいいね」と意識してほめてみるなど、女の子に優しくする努力を心がけてはいかがでしょうか。(Office Ti+)