「私のツボをわかってるなぁ」と彼女の心を絶妙にくすぐる愛情表現9パターン


「好きだよ」とささやく以外に、彼女の気持ちを満たす愛情表現にはどんな方法があるのでしょうか。「女心のツボ」を押さえた表現ができれば、ますます円満な恋人関係を維持できるはず。そこで今回は、10代から30代の独身女性181名に聞いたアンケートを参考に、「『私のツボをわかってるなぁ』と彼女の心を絶妙にくすぐる愛情表現9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「褒めて伸ばす」を意識して、何かにつけて彼女を持ち上げる

    「私の扱い方をわかってるなぁと思う」(10代女性)など、彼女の「努力」を褒めるクセをつけると、より信頼関係が深まるようです。例えば手料理を振る舞われたら、本音はともかく、常に「前回より美味しい!」と言い続けることで、前向きな取り組みを後押しできるでしょう。

  • 【2】デート中はレディファーストを実践し、丁重に扱う

    「ドアを開けてくれるだけでも嬉しい」(20代女性)というように、徹底的に「レディ扱い」をすることで、彼女を喜ばせる作戦です。どんなに長く付き合っていても、デートのたびに「お姫様気分」を味わわせてあげれば、新鮮な気持ちを持ち続けてもらえるでしょう。

  • 【3】彼女が疲れているときは、労いの言葉を欠かさない

    「仕事のミスで落ち込んでるとき、『いつも頑張ってるね』って言われたら泣く」(30代女性)など、彼女が不調なときこそそばにいて支えてあげることで、深い愛情が伝わるようです。彼女の悩みの「聞き役」になるだけでも、精神的な負担を軽くしてあげられるはずです。

  • 【4】ギュッと抱きしめる、頭をポンポンするなど、優しいスキンシップをする

    「Hな感じのないスキンシップだからこそ、いい」(20代女性)というように、自然なボディタッチから、男性の真心を読み取る女性もいます。一緒に居るときは、手を握ったり、何かにつけてハグしてあげると、穏やかな安心感を与えられそうです。

  • 【5】お茶やコーヒーなど、彼女の愛用品をさりげなくプレゼントする

    「長く付き合ってるだけあるなあ、と思う」(20代女性)というように、彼女が愛用している嗜好品を用意しておくことで、「理解の深さ」をアピールする方法です。「オーガニックだとベター」など、小さなこだわりも見逃さないようにしましょう。

  • 【6】「かわいいね」「キレイだ」など、ストレートに容姿を褒める

    「頑張ってオシャレしてるから、やっぱり見た目を評価してほしい」(10代女性)というように、容姿を率直に褒めるのは鉄板の愛情表現のようです。「前髪切った?」などと、細かい変化にすかさず触れると、「私のことをよく見てくれている」と思ってもらえるでしょう。

  • 【7】「ココアはホイップ抜き」など、彼女の好みに忠実な注文をする

    「好きなものを覚えてくれてることが嬉しい」(20代女性)など、飲食店でのオーダーも、男性の愛情を確かめるリトマス試験紙だと見なされているようです。コーヒーのフレーバーなど、細かくカスタマイズできるものを完璧に注文できると、ポイントが高いでしょう。

  • 【8】短くても毎日メールや電話をし、彼女を寂しい気持ちにさせない

    「放置されるのが一番イヤだから、ちょっとでも連絡がほしい」(20代女性)など、毎日のこまめな電話やメールは、恋愛のテンションを保つために有効な刺激になるようです。朝晩の挨拶をするだけで、お互いの存在を身近に感じられるはず。大した用件がなくとも連絡する習慣をつけましょう。

  • 【9】折にふれて、気持ちを込めた直筆の手紙をしたためる

    「口ベタな彼氏だから、たまにくれる手紙がすごく楽しみ」(20代女性)など、自分の気持ちを手書きのメッセージにして送ると、愛情がしっかり伝わるようです。特に手紙は「形として残る」ために、何度も読み返してもらえるはずです。

コミュニケーションを密にすることで、愛情表現のチャンスは広がります。色々試しながら、彼女の喜ぶ「ツボ」を見つけたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計181名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock