「嫉妬深いのもいい加減にして!」と彼女に疎まれる行動9パターン


彼女をほかの男から守ろうとするのは、愛があれば当然のこと。とはいえ、やりすぎると相手をウンザリさせてしまうことがあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性193名に聞いたアンケートを参考に「『嫉妬深いのもいい加減にして!』と彼女に疎まれる行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「今、どこ? 何してる?」など行動を逐一報告させる

    「バイト仲間と鍋パーティーっていってあるのに何度も着信が!」(10代女性)など、たび重なる連絡は、ともすると彼女に「監視されてるみたい!」と思われてしまうようです。あまり疑心暗鬼にならずに、おおらかな気持ちで見守る余裕を持ちましょう。

  • 【2】「このトオルって誰?」など携帯の連絡先をコッソリ見る

    「定期的にチェックされて不愉快」(20代女性)など、彼女の交友関係に目を光らせる行為は、あまり歓迎されないようです。いくら親しい間柄でも、のぞき見のような行為はやめておくのが無難でしょう。

  • 【3】「一人歩きは危ないから」とどこにでもついてくる

    「ちょっとコンビニに行くだけでも引き止められる。1人になりたいときもあるのに」(30代女性)など、ずっとそばから離れない彼氏もうっとうしく思われるようです。ときには距離を置くことも、お互いの大切さを知るためには必要なのかもしれません。

  • 【4】「男も来るの?」など飲み会のメンバーを詮索する

    「女同士の旅行でも『泊まりじゃないとダメなの?』とか口出しされる」(20代女性)など、ちょっとした集まりの顔ぶれをいちいち気にする男性は、「束縛がキツい」とウンザリされることがあるようです。度を越した追及は控えて、気持ちよく送り出してあげましょう。

  • 【5】男性と話しているだけで「本当はああいうのがタイプ?」などと不安がる

    「宅配便のお兄さんと『寒いですね』って世間話しただけだよ!?」(10代女性)など、彼女がほかの男性と接触するたびに嫌な顔をしてしまう人もいるでしょう。見当はずれなジェラシーは見苦しく映るので、できるだけ冷静になりたいものです。

  • 【6】「派手すぎじゃない?」などいちいち服装にチェックを入れる

    「アニマル柄の服を『ビッチっぽい』だって…」(20代女性)というように、彼女の装いについ一言述べてしまう男性も、ウザがられてしまいそうです。同じことを言うにしても、「君は美人だから、柄物より無地が映えるよ」などと表現を工夫したいところです。

  • 【7】好きな男性アイドルを「まさか本気じゃないよね?」などとライバル視する

    「ドラマをウットリ眺めてたら、『俺より背低いんじゃね?』とムキになってた」(10代女性)など、彼女が一ファンとして応援するタレントにやきもちを焼くのも、呆れられてしまいそうです。あくまでも憧れなのだからと割り切ったほうがいいでしょう。

  • 【8】「野外フェス? ナンパされたらどうする?」など開放的なイベントへの参加を警戒する

    「『今夜はクラブでオールの予定』ってメールしたら『ダメ!!』って」(20代女性)など、ほかの男性との出会いがありそうな場には彼女を行かせたくない人も少なくないでしょう。心配なら一緒に楽しみたいフリを装ってついていくのも一案です。

  • 【9】友達の彼氏を褒めただけで「どうせ俺なんて」と拗ねる

    「『スノボがすっごく上手なんだって』と話しただけなのに、『あーごめんね俺全然滑れなくて』とムッツリ」(30代女性)など、見知らぬ他人に不必要な対抗意識を燃やす男性も、面倒がられてしまいそうです。変に裏を読んでもいいことはないので、世間話は普通に受け流しましょう。

あからさまなジェラシーは、ときとしてあなたの存在を重荷に感じさせてしまうこともあるようです。守りたいという気持ちが過干渉につながっていないか、一度自分の行動を振り返ってみるのもいいかもしれません。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計193名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock