つきあいが長い彼女を「やっぱりいい女だ」と再確認する瞬間あるある


長年連れ添った恋人がいると、お互いのすべてを知り尽くしている気がするもの。しかし、改めて彼女の魅力に気づいて惚れ直すような瞬間があるようです。今回は10代から30代の独身男性248名に聞いたアンケートを参考に「つきあいが長い彼女を『やっぱりいい女だ』と再確認する瞬間あるある」を紹介します。

  • 【1】タイトル

    ◆自分の悪いところを客観的に指摘してくれたとき
    ・「自分のことを本気で思ってくれている」(20代男性)
    ・「カチンとくるけど、すべて図星」(30代男性)
    ・「俺のことをよくわかってくれているなと安心する」(30代男性)

    ◆新しいことに挑戦しようとする自分の背中を押してくれたとき
    ・「異動で悩んでいた時、あなたならできると励ましてくれた」(30代男性)

    ◆病気で弱っていたら本気で心配して世話をしてくれたとき
    ・「かいがいしく看病してくれる姿に『こいつしかいない』と思った」(20代男性)

    ◆言葉にしなくても自分の気持ちを汲みとってくれたとき
    ・「落ち込んで話したくない時、何も聞かずにそっとしておいてくれた」(30代男性)

    自分が窮地に立たされたり、精神的に弱ったりした時、彼女のよさにあらためて気づくようです。悩みや不安がある人は思い切って彼女に話してみると、問題解決につながるだけでなく、その存在の大切さに気づくきっかけにもなるかもしれません。