【ランキング】ラブラブから一転、彼女の気持ちがスッと冷めてしまう瞬間ワースト3


1387427218748 200x200

自分では些細なことだと思っていても、恋人からしてみれば「もう付き合ってられない!」と幻滅されてしまうことがあるようです。では、どんなときに見限られてしまうのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施し、「『ラブラブだったあの頃にはもう戻れない!』彼女の気持ちがスッと冷めてしまう瞬間ワースト3」をお伝えします。

【1位】何年も付き合ってるのに「え、誕生日だっけ?」(131票)
・「『私はその程度の存在になっちゃったんだな』と悲しくなると同時に怒りも沸き上がる」(10代女性)
・「男性が思っている以上に、女性は記念日を大切にしてることをわかってほしい」(20代女性)
・「どうしても忘れちゃうんなら手帳とかにメモすればいいのに、それすらやらないなんて愛を感じません」(30代女性)

【2位】デート中、ほかの女の子を見ながら「あの子かわいいなー」(124票)
・「もう私に対して異性としてのときめきがないから、そんなことが口をつくんでしょ」(20代女性)
・「もし私を嫉妬させようとしてるのなら、ものすごく見当違いだし、逆にムカつきます」(10代女性)

【3位】熱で寝込んでいるのに「なんでメシ作ってないんだよ!」(110票)
・「普通ならそっちがおかゆとか作ってくれるもんでしょ。逆に要求してくるとか自分勝手すぎ!」(30代女性)
・「結婚したらもっとひどい扱いをされそうなので別れを告げました」(20代女性)


付き合いが長くなるほど油断して素の部分が出てしまい、結果的に相手を幻滅させてしまうようです。そんなときは一度、付き合いたての頃に彼女に送ったメールを見返してみるといいかもしれません。昔と今でどれだけ自分の振る舞いが変わってしまっているか気付くことができれば、彼女の心が離れていってしまうことも防げるのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計846名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2013年11月11日現在