結婚を意識したことがなかった彼氏に「この人でもいいか」と思った意外な理由9パターン


「結婚は勢いとタイミング」と考える男性は比較的多いもの。ところが、女性にも同じような感覚で一生の決断をしている人が少なからずいるようです。そこで今回は10代から30代の独身女性176名に聞いたアンケートを参考に「結婚を意識したことがなかった彼氏に『この人でもいいか』と思った意外な理由」をご紹介します。

  • 【1】笑いのツボやタイミングが一緒だと気づいたから

    「ずっとこういう日々が続くのも悪くないと思った」(20代女性)というように、コアな感覚を共有していることに魅力を感じたケースです。恋人との「なんでもない日常」に価値を見出したとき、女性にとって結婚が現実的になるのではないでしょうか。

  • 【2】辛い仕事も楽しそうにこなす姿を尊敬できたから

    「自分を成長させてくれる人だと確信したんです」(30代女性)というように、いつもそばにいる彼氏の美点に改めて気づき、結婚に踏み出した人もいます。彼女に自分のどこをリスペクトしているのか聞き出し、その長所をじっくりと磨くと結婚が近づくかもしれません。

  • 【3】お年寄りや子どもに優しい一面を目の当たりにしたから

    「自分をいつまでも大切にしてくれそうに思えた」(20代女性)というように、愛情の深さを感じさせる行動が、彼女の決断のきっかけになることもあるようです。「相手によって態度を変えない誠実さ」なども、伴侶として信頼感を与えるポイントになるでしょう。

  • 【4】まるで家族のように親身になって叱ってくれたから

    「親以外でここまで自分を思ってくれた人はいなかったから…」(20代女性)というように、ときには真剣に怒ることも彼女の信頼を勝ち得る行為のようです。一生をともにするパートナーともなると、その場しのぎで応じるより、誠意をもって接することが求められるのかもしれません。

  • 【5】予想外に出世して「将来性がありそうだ」と感じたから

    「経済力が高くなると、がぜん魅力的に見える(笑)」(20代女性)というように、実社会で認められることで、一気に「合格」と判定される場合があるようです。「金より中身を見てほしい」のが本心だとしても、結婚は女性にとってシビアな選択であると心得ましょう。

  • 【6】掃除・洗濯・炊事など、家事全般が自分より得意だと気づいたから

    「結婚するなら家事を分担できる人と決めていたので」(20代女性)というように、家事がものすごく得意な人は「未来の夫」として意識されることがあるようです。こればかりは女性によってこだわる度合いが違うので、タイプを見極めながらアピールしましょう。

  • 【7】「会話がなくても気まずくない関係」に価値を感じたから

    「何もしなくても居心地がいいのって、実は貴重だと思う」(30代女性)というように、自然体でいられることが、結果的に結婚を後押ししたケースです。とはいえ「マンネリ化してつまらない状況」と紙一重なので、彼女が求めているものを敏感に察しましょう。

  • 【8】体調を崩して弱っているとき、びっくりするほど心配してくれたから

    「『この人、私が倒れたら死んじゃうかも』って思ったら、急にいとおしくなった」(20代女性)というように、彼女が弱っているときに見せた姿が、心を動かすこともあります。相手が困っているときこそ親身になりましょう。

  • 【9】怒りのポイントやモラルの基準が似通っていると感じたから

    「人生観が似ていると、ずっと一緒にいられそうなので」(30代女性)というように、「生き方」や「哲学」に共通するものがあると、生涯過ごす相手として認めてもらえそうです。たとえ合わない部分があっても、相手の考え方に敬意を示す姿勢をみせましょう。

ここで挙げた例は、結婚に踏み切れたきっかけのひとつ。すべてを満たす必要はありません。相手の性格を考え、最も響きそうなアプローチを選べば、きっと彼女も結婚に前向きになってくれるでしょう。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計176名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock