イケメンじゃないけどイイかも!同僚に惚れそうになる瞬間9パターン


同年代の男女が机を並べる職場の場合、「社内」は恋愛相手を見つける場として無視できないでしょう。そこで今回は10代から30代の独身女性197名に聞いたアンケートを参考に「イケメンじゃなくても『ん? なんかいいかも』と同僚に惚れそうになる瞬間」を紹介します。

  • 【1】朝からメチャクチャさわやかに「おはよう!」と声を掛けられたとき

    「だるーい朝だからこそ、さっそうと登場する人はまぶしく見えます(笑)」(20代女性)というように、さわやか男子を支持する女性は多いようです。笑ったときに清潔な印象を与えられるよう、歯やひげなど、基本的なお手入れは欠かさないようにしましょう。

  • 【2】休憩時間から、仕事モードに切り替わる瞬間を目撃したとき

    「今まで談笑してたのが、電話がかかってきて、急に仕事のトーンになったとき…ホレた」(20代女性)というように、ギャップのある雰囲気にも女性は心を動かされやすいようです。わざとアピールする必要はなく、ただ仕事に真面目に取り組んでいれば見ていてくれる女性はいるでしょう。

  • 【3】自分のせいじゃないミスを、穏やかに謝罪していたとき

    「自分の失敗にもなかなか謝れない人が多いのに、男気を感じる」(30代女性)というように、難事の対応に人間の幅を感じると女性は本気になりそうです。相手がどんなに怒っていても、落ち着いて状況を見極めましょう。

  • 【4】「うまかったっす!」と、食堂のおばちゃんに気さくに礼を言っていたとき

    「なんかカワイイ(笑)」(20代女性)というように、誰に対しても分け隔てなく、気取りのない態度は、多くの女性に好感を持たれるようです。キャラクター的に無理な場合、「ありがとうございました」などと、普通の挨拶をするだけでも感じの良い人だと思われるでしょう。

  • 【5】失敗続きの後輩を責めずに励ましていたとき

    「上から目線で説教する人より、ずっと信頼できる」(10代女性)というように、ポジティブで面倒見の良い先輩といった風情は、後輩や同僚から人望を集めそうです。相手を責めない態度はどんな場面でも一目置かれるので、女性を意識せずとも身につけると良いでしょう。

  • 【6】膨大な会議の資料を、さりげなく運んでくれたとき

    「何気ない親切ってやっぱりうれしい!」(20代女性)というように、複雑なようで単純な女心には、「優しさ」が一番響くのかもしれません。ただし、「可愛い女子だけ」といったえこひいきは禁物。助けを必要としている人を見たらそっと手をさしのべるようにしましょう。

  • 【7】上司がくどくど言う小言を笑顔で受け流していたとき

    「どちらの器が大きいかわかんない(笑)」(30代女性)というように、人間的には上司よりも上と感じられるほど度量が大きければ、出世頭と目され、注目を集めそうです。女子からの人気など気にするより、泰然とした姿勢を身につけるほうが先かもしれません。

  • 【8】「しょうがねぇなぁ」と笑いながら、酔いつぶれた同僚を介抱していたとき

    「仲間に愛情がある感じがイイ!」(20代女性)というように、同性にも優しい態度は、女性から見ても評価が高いようです。ぐでんぐでんに酔った同僚を抱えるなど、微塵も下心のない奉仕の精神こそ、地味に女子の心に響くことでしょう。

  • 【9】「今朝、早起きしたんだ」と、自分で作った弁当を恥ずかしそうに披露してくれたとき

    「ちょっとつぶれた玉子焼きが入った素朴なお弁当に胸キュン。料理なんかできそうな人じゃないのに」(20代女性)というように、意外な一面を見せられると女性は弱いようです。たとえ料理上手でも自慢げに見せるより、シャイな雰囲気を醸しだしたほうがウケるでしょう。

同僚ともなれば、始終観察できるわけですから、外見より雰囲気や態度、あるいは将来性などをシビアにチェックする女性は多いでしょう。イケメンじゃなくてもチャンスは多いはず。地道に善行を積み重ねましょう。(水谷仁美)


【調査概要】
期間:2013年8月20日(火)から8月27日(火)まで
対象:合計197名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock