どんな女の子と付き合っても、結局「尻に敷かれる男性」の特徴9パターン


誰と付き合ってもいつもわがままに振り回されてしまうのは、男性側に原因があるからかもしれません。「尻に敷かれる男性」の共通項とは? 今回は、10代から30代の独身女性183名に聞いたアンケートを参考に「どんな女の子と付き合っても、結局『尻に敷かれる男性』の特徴」をご紹介します。

  • 【1】よく「いい人」と言われる

    「裏を返せば、『なんでも言うことを聞いてくれる人』かも」(20代女性)というように、男性の優しすぎる性格が、女の子をワガママにしている可能性も。嫌われるのを覚悟の上で「脱いい人」を目標にすると、女の子と対等な付き合いができるようになるかもしれません。

  • 【2】優柔不断で一つひとつの決断に時間がかかる

    「何食べるのかくらいスパッと決めてほしい」(20代女性)というように、何に対しても煮え切らない男性の態度にイラッとして、お付き合いの主導権を奪っている女の子も。例えば、デート中の食事メニューは10秒で決めるなど、自分にルールを課して決断力を鍛えてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】口論になるのが嫌で、言いたいことを我慢してしまう

    「『なんか言いなよ!』って言っても何も出てこないもん」(10代女性)というように、口答えしない男性を自分の言いなりにしてしまう女の子も。言い争いを恐れず、「少しくらい口ゲンカしても、すぐに別れには発展しない」と楽観的に考えれば、言い返せるようになるかもしれません。

  • 【4】おっとりしていて、怒っても表情に出さない

    「怖くないから強く言えちゃう。まあ、そこに甘える私もよくないけど…」(20代女性)というように、「男性に怒られることがない」と高をくくって、強い態度に出るという女の子も。カリカリしないのはいいことですが、たとえば人間性を否定するような発言には強く反論したいところです。

  • 【5】男性の両親も、父親より母親のほうが強い

    「ご両親の影響は大きいと思う。夫婦関係ならそれが理想かも」(30代女性)というように、男性の父親が尻に敷かれているので、それが当たり前になっていると分析する人も。むしろ、父親を男女関係における反面教師にすると、学べることが多いかもしれません。

  • 【6】勝気な女兄弟にもまれて育ち、「押しが弱いキャラ」が染みついている

    「ウチの弟がそう。すぐ折れる」(20代女性)というように、厳しい姉やワガママな妹の影響で、控え目な性格になったケースも考えられます。強烈な女兄弟に囲まれて育った人は、「ウチが特別だっただけで、多くの女性は話を聞いてくれる」と信じてみましょう。

  • 【7】「ごめんね」が口癖のようになっている

    「『本当に悪いと思ってるの!?』と詰め寄るのがいつものパターンです」(20代女性)というように、すぐに謝るので余計にキツく当たってしまう女の子も。例えば、「ごめんね」を可能な限り「ありがとう」に置き換えて、口癖を矯正してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】尻に敷かれている状態が一番落ち着く

    「相手に決めてもらったほうがラクだからでしょ?」(30代女性)というように、意見したり、決断したりするのは疲れるから、男性が自分から尻に敷かれにいっていると分析する女の子も。例えば、旅行のプランや手続きを全部担当するなど、面倒から逃げないようにしたいところです。

  • 【9】自分の意見をはっきり言う気の強い女の子が好み

    「意志が強い子が好きなんでしょ。なら仕方ないよ」(20代女性)というように、勝気な女の子がタイプならしようがないという指摘も。実際に気の強い女の子が好きなら、無理に変わろうとする必要はないのかもしれません。

アンケートでは「嫌じゃないのなら尻に敷かれていてもいいのでは」という意見も目立ちました。主導権を握ろうと肩肘張るよりも、自然体で女の子に振り回されたほうが上手くいくのかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年8月20日(火)から8月27日(火)まで
対象:合計183名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock