「この人、ガッついてるなあ」と残念に思われないで済む、2回目デートのさりげない誘い方9パターン


気になる女性を無事初デートに誘い出せても、「二度目のデート」への誘い方が不器用だと、「余裕がない人」と思われてしまいます。そこで今回は10代から30代の独身女性219名に聞いたアンケートを参考に、「『この人、ガッついてるなあ』と残念に思われないで済む、二度目のデートのさりげない誘い方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】初デートの別れ際に、「また今度誘ってもいいかな?」と爽やかな笑顔で伝える

    「その日のデートが楽しければ、この一言でOK」(20代女性)など、別れ際に「また会いたい」という気持ちを伝えることで、女性もその気になるようです。必死で頼み込むのではなく、爽やかな笑顔を見せることが肝心でしょう。

  • 【2】デートが終わって女性が家についた頃に、「次はどこに行こうか?」とメールする

    「帰宅後にメールが来るのがいいタイミング」(20代女性)など、スマートに別れておいて相手が家についた頃にメールすると、余裕のある誘い方と思われるようです。今日の感謝を文章で伝えつつ、次回の行き先を提案するとよさそうです。

  • 【3】「次は僕のオススメの店に案内するね」と、デート中に次回のプランをさりげなく提案する

    「会話のなかで誘ってほしい」(20代女性)など、初デートの会話中に次回のデートプランを提案すると、女性は承諾しやすいようです。ただし、強引に自分の計画を話すのではなく、話の流れに合わせてスマートに切り出すことが重要でしょう。

  • 【4】初デートの一週間後に、「そろそろ、またどこかに行きませんか?」と連絡する

    「あんまり頻繁だと疲れる」(20代女性)など、女性側がそれほど強く好意を感じていない場合、早すぎる誘いは逆効果になることも。一週間後くらいに打診のメールをすると、計画を立てやすいようです。多忙な女性を誘う場合にも有効でしょう。

  • 【5】「この前話した映画見に行こうよ」など、デート中の話題に出たスポットに誘う

    「初々しい感じで自然かな」(20代女性)など、初デート中に話した内容から、次回のデートプランを提案する方法は自然な印象があるようです。ただし、会話の記憶が薄れてしまう前に、せめて一週間以内には誘うべきでしょう。

  • 【6】デートの翌日に、あらためて「昨日は楽しかったよ」とお礼のメールをする

    「丁寧でいい感じ」(20代女性)など、デート後に感謝のメールを送り、その翌日にもう一度「楽しかったよ」と念を押すことで、好意がしっかり伝わるようです。落ち着いた文章で昨日の楽しかった思い出を振り返ると、次のデートに誘いやすくなりそうです。

  • 【7】デート後に女性を送りながら、「来週の休みの予定、メールで教えて」と一言頼む

    「上手に期待させてくれる感じ」(20代女性)など、あえて具体的なデートプランを語らず、休日の予定だけ教えてもらう方法もあるようです。女性側が「次はない」と考えている場合にも断りやすいので、スマートな誘い方といえそうです。

  • 【8】相手に時間のありそうな日に、突然「今日ご飯行かない?」と気軽に連絡する

    「サプライズ的にワクワク」(20代女性)など、突然誘われるのが良いという女性もいるようです。ただし、相手によっては「軽く扱われている」と感じる可能性もあるので、仕事柄休日が合わない人などに限定すべきでしょう。

  • 【9】女性の好きな食べ物を聞き出しておき、「〇〇の美味しい店見つけたよ」と連絡する

    「覚えててくれてたのが好印象」(20代女性)など、初デート中に彼女の好物を聞いておくことで、次のデートに誘いやすくなるという方法も。「美味しい店をじっくり探した」と思ってもらうことで、スマートな余裕を感じさせられそうです。

女性への熱心なアプローチは、不器用だと「余裕がない」と思われますが、スマートなら「情熱がある」と思ってもらえます。ガッついていると思われないよう、ほどよい距離感で接したいものです。


【調査概要】
期間:2013年6月20日(木)から6月27日(木)まで
対象:合計219名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock