「原因はそれ!?」と思わず驚く、彼女が浮気に走った意外なワケ9パターン


男性と女性で浮気に走る原因は異なるもの。また、女性の中でも、一人ひとり浮気の原因は異なるでしょう。そこで今回は、10代から30代の独身女性209名に聞いたアンケートを参考に「『原因はそれ!?』と思わず驚く、彼女が浮気に走った意外なワケ」をご紹介します。

  • 【1】「普段の何気ない話をしたくても、忙しいからと聞いてくれなかったから」

    「どうでもいい話を聞いてほしかった」(20代女性)など、小さな幸せを感じる他愛のない会話が出来なかったことに女性が幻滅したパターンです。彼女と必要最低限の会話だけしてコミュニケーションが取れていると思っている人はちょっと危機感を持ったほうがいいかもしれません。

  • 【2】「自分の好きな洋服のブランドを認めてくれなかったから」

    「服装への不満をもう聞きたくなかった」(20代女性)など、好きなファッションを認めてもらえない悲しさから浮気に走ったパターンです。彼女のファッションが理解できなくても「どんな服装でもかわいいよ」と言える度量の大きさは持ちたいところです。

  • 【3】「ご飯派なのに、毎朝パンを食べさせられたから」

    「地味にキツい…」(20代女性)など、好きなものを食べられない環境に嫌気がさしたパターンです。「文句を言わないのは不満がない証し」と男性は思いがちですが、男性が出す圧迫感を察知し、遠慮しているケースがあることも忘れないようにしましょう。

  • 【4】「しょっちゅう同じ服を着ていたから」

    「みすぼらしいのがイヤだった」(20代女性)など、男性のだらしない生活に幻滅したパターンです。「オシャレをしないってことは、私を軽く見ているのかなと思った」(20代女性)という意見もあるなど、身なりへの気配りは女性にとって大事な問題のようです。

  • 【5】「どこでもおならをするのが本当にイヤだったから」

    「本気で嫌がってると思われてなかったんでしょうね」(20代女性)など、彼氏のマナー違反を何度も注意しても直らず、うんざりしたパターンです。本気で怒るのは誰でも疲れるもの。「やめてよ」くらいで済ませていても、実際は軽いいらだちではないこともあるようです。

  • 【6】「魚の食べ方が汚いから」

    「彼氏が食べ終わった魚を見ると虫酸が走った」(10代女性)など、食べ方の汚さに対し、生理的な拒絶反応を起こしてしまう女性もいるようです。特に魚のように日常的に出てくる食品であると、彼女のストレスも日々積み上がり、彼氏に幻滅しやすくなるでしょう。

  • 【7】「心からの寂しさを訴えても勤務中は一切メールを返してくれなかったから」

    「本当にツラかったのに…」(20代女性)など、彼女からのSOSをいつも通りの連絡と見なして軽んじてしまったパターンです。「仕事にプライベートを持ち込むのはNG」という考えは当然女性も持っていますので、それでも連絡してきたからには緊急の事情があると考えたほうがよさそうです。

  • 【8】「『カフェってお金のムダ。缶コーヒー買えばいいじゃん』というセリフにドン引きしたから」

    「セコすぎてこっちがドン引き」(20代女性)など、金銭感覚からその人の器の大きさを測り、冷めてしまったパターンです。付き合ってからデート代を惜しむようになりがちな人は要注意です。

  • 【9】「タバコの吸い方はいいけど、消し方にイライラしてストレスが溜まったから」

    「外でタバコを吸うと、毎回片足を上げて靴底に押し付けて消すんです。その格好がみっともなくて…」(30代女性)など、変わったクセがどうしても受け入れられないパターンです。これは男同士では許されても女性にはNGな行動といえそうです。「友達はみんなやってるけど…」は彼女の前では通用しないでしょう。

さまざまなパターンがありましたが、女性が嫌だと思うことに男性が気づいていないケースが多いようです。「本気で言われたら直すけど…」などと思わず、彼女にちょっとでも注意されたら直すクセをつけることが浮気防止につながりそうです。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年7月21日(日)から7月28日(日)まで
対象:合計209名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock