みんなと一緒だから誘いやすい! 「夏のグループデート」が盛り上がる行き先9パターン


気分が開放的になる夏。二人きりのデートに誘えるほど親しくなっていない女性とも、友達同士で行くグループデートなら気軽に盛り上がれそうです。そこで今回は、10代から30代の独身女性328名に聞いたアンケートを参考に、「みんなと一緒だから誘いやすい! 『夏のグループデート』が盛り上がる行き先9パターン」をご紹介します。

  • 【1】日焼けも気にならず、浴衣でオシャレを楽しめる「花火大会」

    「夏の定番だし、みんなで行くほうが楽しい」(10代女性)など、地元でやる大きな花火大会なら、友達同士で誘い合って行くのも自然です。女性陣に負けじと男性も浴衣姿でキメて行けば、普段とは違う一面をアピールできそうです。

  • 【2】あえて近場だから集まりやすい「近所の河原でバーベキュー」

    「近場なら参加しやすいし疲れないから丁度いい」(20代女性)など、暑い夏に遠出をしたくないという女性には、近場でのバーベキューが好評なようです。友達同士でわいわい言いながら豪快に肉を焼けば、アウトドア気分を充分エンジョイできそうです。

  • 【3】日中から夜中までいつ行っても確実に楽しめる「遊園地」

    「夏休み中に一回は行きたい」(10代女性)など、友達同士でわいわい楽しめるレジャースポットとして、遊園地やテーマパークの人気は鉄板のようです。夏季限定のイベントも多いので、しっかり下調べしてガイド役を買ってでれば、頼りになるところを見せられそうです。

  • 【4】泊まりがけでアウトドア気分を満喫できる「山あいのコテージ」

    「キャンプよりも気軽に自然を楽しめそう」(20代女性)など、涼しい山のなかのコテージ(貸し別荘)なら避暑気分でアウトドアを楽しめそうです。ただし、一つ屋根の下での宿泊に女性陣が抵抗を感じる恐れも。雑魚寝ではなく男女別の部屋があるなど、女の子達の不安を解消してあげる必要があるでしょう。

  • 【5】夜の山頂でのんびり星を眺める「ペルセウス座流星群観測」

    「テーマは真面目だけど結構楽しそう」(20代女性)など、お盆前後に最大化するペルセウス座流星群の観測は、どこかロマンチックな雰囲気に惹かれる女性もいるようです。星に詳しい友人を誘って観測会を開けば、初心者でも醍醐味を味わえそうです。

  • 【6】自然のなかで自由に音楽を楽しめる「野外音楽フェス」

    「グループで行って現地では自由行動するのがベスト」(20代女性)など、自然のなかで開催される野外音楽フェスは、音楽好きならずとも一度は行ってみたい夏のイベント。かなりの長丁場なので、気になる女性と仲良くなるチャンスも多そうです。

  • 【7】搾りたてのソフトクリームを食べたくなる「涼しい高原の牧場」

    「色々な動物に触れてテンション上がる」(20代女性)など、広々した高原にある観光牧場は、日帰りで自然と触れ合える軽いアウトドアとして女性人気が高いようです。みんなでレンタカーを借りて行けば費用も安く、インドア派の女性も誘いやすそうです。

  • 【8】仕事帰りにも集まれる気軽さが嬉しい「ビアガーデン」

    「ただの飲み会よりも行く気になる」(20代女性)など、夏の屋外で開催されるビアガーデンは社会人の定番スポットのようです。平日の仕事帰りでも「イベント感」を味わえるので、男女混合の同僚たちと誘い合って行くのにうってつけといえそうです。

  • 【9】運転を気にせず遠出ができる「日帰りバスツアー」

    「都内の夜景を巡るツアーとか、若い人向けの企画が意外といい」(20代女性)など、団体で参加しやすい日帰りバスツアーは、手軽な遊びとして好評なようです。スイーツ食べ放題など女性向け企画も多いので、女性陣が喜びそうなツアーを探してみるとよさそうです。

夏の開放的なムードのなかで同じ時間を共有すれば、「ただの友達」から「気になる異性」に昇格できるチャンスも増えるはず。友達同士でさりげなく気になる女性を誘い合って、盛り上がるデートを演出したいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計328名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock