真夏の高校球児から学ぶ、女性の心をつかむ秘訣9パターン


テレビで高校野球を見ているうち、野球少年のファンになる女性が少なくありません。高校球児が女心を惹き付けてやまない理由にこそ、実は「モテる」ヒントがあるのかも…。というわけで、20代、30代の独身女性221名へのアンケート結果を参考に、「真夏の高校球児から学ぶ、女性の心をつかむ秘訣」をご紹介します。

  • 【1】試合中に泣いたり、笑ったり、自分の感情を素直に表現しているから

    「気持ちを身体中で表しているところがいい!」(20代女性)のように、喜怒哀楽を素直に出す高校球児の無邪気さにグッとくる女性が多いようです。好きな女性と接するときは、変な駆け引きをするよりも気持ちをストレートに表現するといいかもしれません。

  • 【2】チャラチャラしていない硬派な印象があるから

    「今どきっぽくないところが新鮮でカッコイイ」(20代女性)など、女にうつつを抜かしていなさそうなところに惹かれる女性もいるようです。周囲からチャラ男と思われている人は、恋愛以外に夢中になれるものを見つけてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】日に焼けた肌、光る汗、たくましい腕など、見た目が男らしいから

    「スポーツマンを絵に描いたような姿が素敵」(20代女性)といったように、野球で培った屈強なボディなどが女性の目には魅力的に映るようです。身体は、鍛えると鍛えただけちゃんと変わってくれるもの。男らしい外見になりたければ、筋トレが最も確実な方法かもしれません。

  • 【4】自分のためだけでなく、チームのためにも頑張っているから

    「仲間に尽くしている補欠の選手を見ると、キュンとしちゃう」(20代女性)のように、チーム一丸となって頑張る高校球児の姿勢も女性からは高評価のようです。合コンの席で友人を立ててあげるなど周囲を気づかうようにすれば、あなたの魅力に気づく女性が現れるかもしれません。

  • 【5】好きなことに本気で打ち込んでいる姿がキラキラ輝いて見えるから

    「一生懸命に頑張っている人って、それだけで魅力的」(20代女性)など、好きなことをトコトン追求している高校球児の姿を眩しいと感じる女性もいます。仕事、趣味にかかわらず、これと決めたものは全力で取り組むようにしてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】長時間の練習にも耐えられるタフな身体と心を持っているから

    「ハードな練習を乗り越えられる精神力の強さに憧れる」(20代女性)と、高校球児のたくましい根性にグッとくる女性も存在します。飲み会の席などで、人生最大のピンチを脱したときのエピソードをさりげなく披露してみるといいかもしれません。

  • 【7】夢だけ追いかけていて、まったくスレていない感じがするから

    「野球一筋で純情な感じがしてかわいい」(30代女性)など、高校球児の素朴さも女性の心を虜にするようです。ただし、自分の世界にこもって恋愛に無関心すぎると、「とっつきにくい男」と思われるので気をつけましょう。

  • 【8】部活での上下関係が厳しく、礼儀正しそうな印象だから

    「大きな声で挨拶する好青年のイメージ」(20代女性)のように、高校球児のマナーのよさに好感を持つ女性もいるようです。高校球児のように元気よく挨拶するだけで、相手にさわやかな印象を残せるかもしれません。

  • 【9】「甲子園」という目標に向かって一途に努力をしてきているから

    「芯の通った真っ直ぐな姿勢に惹かれます」(20代女性)と、高校球児の夢に向かって一心不乱に邁進する姿にキュンとする女性も少なくありません。一本筋の通った男性に惹かれる女性もいるので、フラれても何度も想いを伝えることで相手の心を動かせるかもしれません。

高校球児に胸をときめかせる女性たちのコメントから、男性に魅力を感じるポイントはルックスや性格以外にもたくさんあることがわかりました。高校球児のように熱くなれる何かを見つけ、目標に向かって努力を続けると、女性を惹きつける魅力が身につくかもしれません。(佐野勝大)


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計311名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock