女の子がしつこく聞かれるとイラッとする「無神経な質問」9パターン


女の子に無礼な質問ばかりしていると、本人はもちろんその周りにいる人たちからも冷たい視線を浴びることになってしまうかも。自覚がないからより悪質ととらえる人もいるので、悪気がなかったというのは言い訳になりません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者さんの声を参考に、「女の子がしつこく聞かれるとイラッとする『無神経な質問』」をまとめてみました。

  • 【1】答えたくないのにしつこい「ねぇ、今何歳?」

    「年齢で露骨に態度を変えるクセに」(30代女性)というように、執拗に年齢を聞かれてウンザリしたことがある女の子は少なくないようです。やはり女の子に年齢の話を振らないのが、大人のマナーと言えるでしょう。

  • 【2】否定するのが面倒な「もてるでしょ?」

    「謙遜するのに疲れてくる」(20代女性)というように、男性は褒め言葉のつもりでも、女の子にとっては返答に気を使う質問なので、繰り返されると面倒なようです。たとえ本心でも、一度聞いて謙遜されたら、それ以上尋ねるのは控えたほうがいいかもしれません。

  • 【3】100%体目当て「スリーサイズは?」

    「自分のサイズを聞かれたら、どう答えるよ?」(30代女性)というように、体型についての質問を浴びせてくる男性を、心の底から軽蔑したという女の子もいます。どれだけ気になっても、「スタイルがいいね」などと褒めるだけに留めたほうがいいでしょう。

  • 【4】余計なお世話とツッコミたくなる「なんで結婚しないの?」

    「したくてもできないんですけど…」(30代女性)というように、男性に結婚について聞かれても、嫌みにしか聞こえないという女の子も。ただし、質問の前に「とてもかわいいのに」など一言添えれば、悪い意味だと捉えられずにすむかもしれません。

  • 【5】彼氏でもないのに教える筋合いはない「今日は何をしていたの?」

    「それっていちいち答えないといけないの?」(20代女性)というように、男性に行動を詮索されているようで嫌な気分になる女の子もいます。メールの話題が見つからないときなどに、なんとなく聞いてしまいがちなので注意が必要です。

  • 【6】デリカシーのかけらもない「お前、あいつが好きだろ?」

    「本当に性悪な男だと思う」(10代女性)というように、好きな男性を決めつけるような感じで質問されると、聞いてきた相手が心底イヤになるという女の子も。なんとなく女の子が誰に好意を持っているか気づいても、黙っているのがエチケットでしょう。

  • 【7】嫌だからデートを断ったのに、その理由を知りたがる「大切な予定があるの?」

    「せっかく本音をオブラートに包んだのに、意味がない」(20代女性)というように、男性の誘いを断った理由をしつこく聞かれて、余計に相手が嫌いになったという女の子も。たとえ辛くても、断りを入れた女の子の気持ちを察し、次の恋に向かうことも必要と言えそうです。

  • 【8】それを知ってどうするとツッコミたくなる「何人と付き合ったの?」

    「聞いてどうするつもりですか?」(20代女性)というように、過去の恋愛経験を聞くことにどんな意味があるのか疑問に思っている女の子も多いようです。女の子の過去について質問するより、これからどういう人と付き合いたいかを尋ねたほうが、お互いにとって建設的かもしれません。

  • 【9】次第にイライラしてきてしまう「俺のこと、怒ってる?」

    「なんでそんなに自信がないわけ?」(30代女性)というように、女の子の機嫌をうかがってばかりだと、小心者だと思われてしまうようです。しかも、怒っているときに「怒っている?」と聞かれると余計に腹が立つものなので、女の子が何か不満を述べるまで黙っていたほうがいいでしょう。

無礼な質問をするのは、女の子のプライベートな領域に、どかどかと土足で足を踏み入れるようなもの。自分が聞きたいことを優先するのではなく、例えば趣味や関心ごとなど、相手が聞いてほしそうな質問を見つけることが大切なのかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock