あの人が一番素敵だった…密かに忘れられない男性9パターン


モテる男になるためのヒントは、女の子が過去に付き合った「忘れられない男」にあるかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性326名に聞いたアンケートを参考に「何度恋をしようが、女の子が『あの人が一番素敵だったな』と胸に秘めている男性」をご紹介します。

  • 【1】相手の話を聞きつつ、自己主張もできる会話上手

    「どんどん私の話を引き出してくれた」(30代女性)というように、いつも気持ちよく会話することができた男性が思い出深いという女の子も。会話に苦手意識がある場合は、まずは女の子が満足するまで聞き役になるところからはじめてはいかがでしょうか。

  • 【2】サービス精神にあふれ、レディーファーストができる紳士

    「立ち居振る舞いがスマートな大人の男でした」(20代女性)というように、自然と親切な行動ができる男性が一番だという女の子も。ドアを開ける、椅子を引くなどの基本的な気遣いは当たり前のようにできるようにしたいところです。

  • 【3】子どもが好きで炊事洗濯もこなすイクメン候補

    「友達の旦那の話を聞くとありがたみが分かる」(30代女性)というように、結婚後の生活を楽にしてくれそうな男性を逃し、後悔している女の子も。イクメンを目指すなら、まずは自分の身の回りのことはすべて自分でできるようにしましょう。

  • 【4】忙しくても、女の子の記念日を盛大に祝うサプライズ男

    「帰りは毎日0時すぎ。時間がないのを知っているだけに嬉しかった」(20代女性)というように、思い出づくりを最優先してくれたことに感動したという女の子も。1年間の記念日をリストアップして、事前に何をするか予定を立てておくとよさそうです。

  • 【5】女の子のワガママを受け入れて、望みをかなえられる包容力抜群の男性

    「まるで親のような優しさを持っている人でした」(20代女性)というように、どんなときも温かく見守ってくれる男性が一番だったという女の子も。ただし、「イエスマンは物足りない」という意見もあるので、間違いを指摘する勇気も必要と言えそうです。

  • 【6】自分の世界にどんどん引き込んで視野を広げてくれる行動派

    「山なんて興味なかったけど今はどっぷり山ガール」(20代女性)というように、人生の楽しみを増やしてくれた行動力抜群の男性に感謝する女の子も。自分の趣味にどんどん女の子を巻き込み、一緒に楽しめる仲間にしてしまいましょう。

  • 【7】体力トレーニングや自己啓発を欠かさず、常に自分を磨き続けた努力家

    「一生懸命な彼に刺激されて私も成長できた」(30代女性)というように、どんなときもひたむきだった男性のことが忘れられないという女の子も。モテる努力をするよりも、実は目の前にある課題に全力で取り組むことが、女の子の心をつかむ近道なのかもしれません。

  • 【8】「女の前では絶対に弱音を吐かない」とばかりに、男らしさを貫いた硬派

    「ほかの男が軟弱に見え困る」(20代女性)というように、いつも強気で頼りがい抜群だった男性への想いを引きずっている女の子も。「男らしさ」はすぐに手に入らないかもしれませんが、ひとまず愚痴や弱音を吐かないことを自分に課してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】甘やかすだけでなく、自分のダメなところを叱ってくれた男性

    「未来のことまで考えてくれているのが分かった」(10代女性)というように、優しさと厳しさをあわせ持っていた男性が一番だったと語る女の子も。例えば「度重なる遅刻」や「怠け癖」など、人に迷惑をかける行為にはダメ出しをしたほうがいいでしょう。

他人に依存しない自立した心や、成熟した男性ならではの親切などに女の子は惹かれるのかもしれません。いきなり「忘れられない男」を目指すのはハードルが高そうですが、できるところから参考にしたいものです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年5月23日(木)から5月29日(水)まで
対象:合計326名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock