妻を不快にさせる「容姿への指摘」9パターン


女性は一般的に、男性よりも「容姿」に敏感で、周囲の人からのちょっとした言葉に一喜一憂してしまうもの。なかでも一番身近な存在である「夫」からの評価は、やはり気になるところです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「妻を不快にさせる『容姿への指摘』」をご紹介します。

  • 【1】「太ったね」と指摘する

    「『自分で気づいてるから、わざわざ言わないで』って、本気で落ち込む」(20代女性)というように、体重の変化を指摘されるのは、妻にとって意外と大きなダメージになるようです。どうしても伝えたいなら、「もうちょっとすっきりしたら、モデルにスカウトされちゃうかもね」など、前向きな表現を使いましょう。

  • 【2】「すっぴんじゃ外出できないね」と素顔を否定する

    「体型や服装は変えられるけど、顔のパーツはどうしようもないでしょ!」(20代女性)というように、今さら素顔についてあれこれ言っても、妻を不愉快な気分にさせるだけです。「妻のすっぴんを見られるのは夫の特権だ」と自分に言い聞かせ、間違っても悪く言うのはやめましょう。

  • 【3】「若作り?」と努力を見下す

    「がんばって流行を追いかけてるのに、『無理があるんじゃない?』って笑うのはひどすぎる」(30代女性)というように、いつまでも若く美しくありたいと願う女心をさげすむのはまずいでしょう。軽い冗談のつもりでも、深く傷つける可能性があると心得たほうよさそうです。

  • 【4】「その服、ダサい」とセンスを否定する

    「自分で気に入ってるファッションにダメ出しされたら、イラっとする」(20代女性)というように、あなたがファッション関係のプロでない限り、妻のセンスに文句をつけるのはやめましょう。もし妻に着てほしい服があるなら、「こんなの似合うと思うけど」と提案する言い方なら受け入れてもらえるかもしれません。

  • 【5】「前はスタイルよかったのに」と過去を懐かしむ

    「『胸もおしりも垂れたね』とか、残念そうに言うな!」(30代女性)というように、以前のスタイルと比べて現状を嘆くような発言も、妻の怒りを招きそうです。年を重ねて体型が変わるのは自然なことだと受け止め、妻の機嫌がいいときに「一緒に運動する?」と軽く誘う程度にとどめておきましょう。

  • 【6】「老けたなー」と加齢について発言する

    「人間なんだから、老けるのは当たり前。お互いさまなのに…」(30代女性)というように、年齢を実感させるコメントは、妻の神経を逆なでする恐れがあります。「お互いに老けたな」と親しみを込めて言うのならともかく、上から目線で批評するのは控えましょう。

  • 【7】「最近、女、捨ててない?」と女性らしさの欠如を突く

    「仕事して子どももいて、こっちは大変なの!」(30代女性)というように、妻が自分を構う余裕がない状況で「女を捨ててる」と指摘しても、反感を抱かれてしまいます。女磨きをしてほしいなら、「今度エステに行っておいでよ」と差し向けるなど、ゆっくり自分と向き合える時間を作ってあげましょう。

  • 【8】「もう少し手入れしたら?」と髪の状態をけなす

    「最近、確かに髪まで手が回らなかったけど、その言い方はムカつく」(20代女性)というように、行き届かないところへのチクリとした指摘は、妻をムッとさせてしまうでしょう。ヘアスタイルを整えるだけならすぐに改善できるので、「美容室に行ったら」と笑顔で促してあげましょう。

  • 【9】「二の腕、スゴッ!」と体の一部を取り上げる

    「三段腹をチラッと見て『うわっ!』と言われたときは、かなり嫌な気分になった」(30代女性)というように、何気なく発した言葉でも妻の心に突き刺さっているかもしれません。気にしてほしいなら、「自慢の妻だからキレイでいてほしい」など、甘い言葉で妻の意識を高めましょう。

ほかにも、妻を不快にさせる「容姿への指摘」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock